結婚のために! 誰にも聞けないお金・ブライダルローンのこと

さあ結婚式!いろいろな夢をカタチにしてゲストをおもてなし。
でもやっぱり気になるお支払い(お金)のこと。
結婚式のお支払いは、前払い?やっぱり現金で?カードの1回払い使える?親に頼む?

今回は、そんな人にはなかなか聞きにくい「結婚に必要なお金について」特集します。

結婚するときに必要な費用って??
結婚するときにかかる費用の例

結婚の際にかかるお金は挙式や披露宴の費用だけではありません。結納金、婚約指輪、結婚指輪…など、結婚に関係する様々な用途でお金が必要になります。 もちろん、何にいくらかけるか、その金額はお二人によって大きく変わってきますが、一度にたくさんのお金が必要となることには変わりありません。

結婚式は妥協せず最高の式にしたいし、新婚旅行も海外に行きたい、結婚指輪も品質の良い物を購入したい、となると貯金だけではとても支払えない金額になってしまうかもしれません。ですが、思うように結婚資金がたまならい場合や、思っていたよりも結婚式にお金がかかってしまうなんてことも少なくはないのです。

「人生に一度だから妥協はしたくないけど予算が足りない!」
そんな悩みを抱えるカップルが多い中で、近年『ブライダルローン』を利用される方が近年非常に増えてきています。
費用の全額をローンで支払うことができるのはもちろん、足りない費用の一部分だけをローンで支払うこともでき、用途に合わせて様々な支払方法が選択できるので、非常に利用しやすく人気が高まってきています。

ブライダルローンとは??

ブライダルローンとは『目的ローン』のひとつで、結婚式や披露宴の費用といった結婚に関する費用を対象としたローンです。 自動車を購入するときの『マイカーローン』や、家を購入するときの『住宅ローン』と同様、欧米では一般に広く利用されています。
日本ではこれまで冠婚葬祭に関するローンの利用割合はそれほど高くありませんでしたが、最近では、自分たちらしいこだわりの結婚式を実現するために、ご予算より費用がかさむ部分のみ利用するなど、利用される方が増えてきています。 また、さまざまなローン商品の中でも審査基準や条件が比較的低めに設定されており、他のローンよりも利用しやすいということが人気の秘密となっています。

こんなお二人にオススメ
「ブライダルローン」のメリット&デメリット
■結婚式に関連する費用を現金払いだけではなく、ローン支払いで何回かに分けることによって、一回にかかる支払いの負担を軽減できる

■全額だけではなく、費用の一部分だけをローンにすることができる

■お支払いが、分割になる為、希望する演出、食事のグレードアップも可能になり、満足できる結婚式に近づけることができる
■用途が限られているため、金利が低い分審査が厳しい

■申込みから実際の融資までに時間がかかることが多いので、しっかりと計画を立て、余裕を持って申し込むことが必要
「ブライダルローン」の種類
銀行系

金利設定が低いため、最終的な返済金額がその他のローンと比べ大幅に優遇されるという点が最大のメリット。反対に金利が低い分利用条件が多く、審査が厳しいことがデメリットとしてあげられる。

銀行系
カードローン系

保証人や借入担保が不要で契約が手軽。さらに、アルバイトやパートでも契約が可能で、融資が速い点メリットである。しかし金利が高めに設定されているため、長期の借入には向かないので注意が必要。

カードローン系

ページトップへ