結婚式席次表の肩書き

Acube × 結婚準備室 ゲストの目を引く! 結婚式の席次表 席次表の作り方
オリジナル席次表
コレクション席次表
オリジナル席次表
セレクション席次表
オリジナル席次表
オリジナル席次表
ウエディングパンフレット
ウエディングパンフレット

肩書きでゲストをみんなに紹介!

結婚式披露宴の席次が決まったら、実際に席次表を作りましょう。一番気をつけないといけないのはゲストの正しい名前を書くことですが、その次に大切なのは肩書きです。肩書きとは新郎新婦との関係を示したもの。ここでは、基本的な肩書きの付け方を紹介します。正しい肩書きの書き方で、正しい席次表を作っていきましょう。

主賓の一般的な肩書き

主賓とは、一般的に社会的地位の高い人になります。この場合、企業名・部署名・役職を肩書きとします。企業名は略さず記載してください。
“株式会社●● 代表取締役社長”、“●●議会議員”、“県立●●高校 校長”、“●流 師範”など

会社関係の一般的な肩書き

上司
<役職あり>“現在の部署・現職”
<役職なし>“企業名・部署”
<退職している場合>“元上司”
先輩
“企業名・部署”、もしくは、“先輩”
同僚・後輩
“企業名・部署”、もしくは、“同僚”
同期
“新郎同期”、もしくは、“新婦同期”
<同期が退職している場合>“会社元同期”
<新郎新婦が退職している場合>“元会社同期”

恩師・恩人の一般的な肩書き

“新郎恩師”、“新郎高校恩師”、“新婦中学恩師”、“新婦恩人”など。
現役の場合は“新郎恩師 現在 県立●●中学校校長”などとします。

友人の一般的な肩書き

先輩や友人の場合は、新郎、新婦と合わせた肩書きを使います。
“新郎友人”、“新郎知人”、“新婦先輩”、“新婦大学先輩”、“新婦中学友人”など。

その他の一般的な肩書き

夫婦で出席する人の夫人……“令夫人”
子供……“お子様”、“御令息”、“御令嬢”

家族・親戚の一般的な肩書き

家族・親戚の一般的な肩書き
※両親が再婚している場合、実の父母は、“新郎父”、“新婦母”などとします。状況的に難しい場合は、“新郎来賓”、“新婦来賓”としてください。どちらにしろ、ご家族に相談しましょう。
※肩書きや敬称に関しましては、地域の風習や披露宴会場の方針により異なります。詳しくは会場のご担当者様にご確認ください。

ページTOPへ