円卓など結婚式席次表のスタイル&席次マナー

Acube × 結婚準備室 ゲストの目を引く! 結婚式の席次表 席次表の作り方
オリジナル席次表
コレクション席次表
オリジナル席次表
セレクション席次表
オリジナル席次表
オリジナル席次表
ウエディングパンフレット
ウエディングパンフレット

席次表配置スタイル&マナー集

披露宴の席次といってもそのスタイルはさまざま。大人数に対応した“くし型”や華やかな“ちらし型”といった基本の席次表配置スタイルを始め、新郎新婦を取り囲んだり、各テーブルに新郎新婦席があるものなど、新しいスタイルも増えています。ここでは、基本の席次表配置スタイルや席次表作りに欠かせないマナーを紹介します。

基本の席次表配置スタイル

席次表の配置スタイルにはさまざまなものがありますが、基本のスタイルは“くし型”と“ちらし型”の2つです。

くし型
新郎新婦席に向かって、縦に長いテーブルを垂直に配置するスタイルです。図をみても分かるように、たくさんの人が座れるので、ゲストが多い披露宴にピッタリです。ただ、ゲスト同士が話しづらいという問題点があります。
くし型
ちらし型
新郎新婦席の前に丸テーブルをバランスよく配置するスタイルです。ゲストはテーブル内の人とゆったり会話することができるので、和やかな雰囲気になります。
ちらし型

席次表マナー集

  • 新郎新婦に最も近い席・上座を主賓にしましょう。
  • 上座から主賓、上司・恩師、先輩、友人、親族、両親となるようにしましょう。
  • 知り合い同士、同世代の人を近くの席に配置しましょう。
  • 小さい子供を連れたゲストやお年寄りなどは出入り口に近い席に配置しましょう。
  • 遅刻、早退が事前に分かっている人は、できるだけ目立たない席にしましょう。
  • 敬称については、下記のように、肩書きによって
    通常……“様”
    恩師や医師……“先生”
    新郎新婦の家族……敬称なし
    ※ 姓が異なる家族のみ“様”を使いましょう。
    ※ 子供には“くん”“ちゃん”を使いましょう。
  • 名前を間違わないようにしましょう。親族については、両親にも確認してもらうとよいでしょう。

まちがえやすい名前代表一覧

まちがえやすい名前代表一覧

ページTOPへ