ご祝儀袋の書き方や祝儀袋の表書きガイド

ゲストのためのご祝儀マナー 表書きの書き方

表書きの記入方法

ご祝儀の表書きは、毛筆、筆ペン、サインペンを使用します。濃い墨で丁寧に楷書体で書きましょう。ボールペンや万年筆、薄い墨は仏事の書き方となり失礼にあたるので気をつけましょう。また、表書きは、「寿」「御結婚御祝」「御祝」とします。贈り主の名前は、表書きよりやや小さめに書きましょう。

個人で贈る場合
  • 個人で贈る場合
  • 名前は水引の中央下にフルネーム(姓と名)で書きます。
夫婦で贈る場合
  • 夫婦で贈る場合
  • 水引の中央下に姓を、その下、右側に夫の名前、左側に妻の名前を書きます。
連名で贈る場合
  • 連名で贈る場合
  • 3人以内の場合
  • 連名は3名までが基準となります。水引の中央下から左側に向けて、年長者順にフルネーム(姓と名)で記入します。地位や年齢の関係がない場合は、五十音順に記入しましょう。
  • 4人以上の場合
  • 人数が多く連名で書けない場合は、水引の中央下に代表者の名前を書き、代表者の左側に「他一同」と書き添えます。また、半紙や奉書紙など別紙に全員の名前を書き、中包みに同封しましょう。
会社名を記入する場合
  • 会社名を記入する場合
  • 水引中央下に、贈り主の名前をフルネーム(姓と名)で書きます。名前の右に、少し小さめの字で会社名を記 入しましょう。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP