結婚式ご祝儀袋の正しい選び方

ゲストのためのご祝儀マナー ご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋を用意しましょう

ご祝儀袋の選び方

ご祝儀を入れる袋は、水引が「一度きり」の意味を持つ「結びきり」のご祝儀袋を使用しましょう。「結びきり」とは、一度結んだらほどけない結び方。蝶結びは、「何度も繰り返されてほしい」という意味があるので、婚礼での使用はタブーとされています。
また、市販のご祝儀袋は、シンプルなものから華やかなものまで、その種類は様々。どれにしようかと迷ってしまいますが、選ぶポイントは、「贈る金額とのバランス」。一般的に、贈る金額が高いほど、ご祝儀袋のデザインも華やかなものが選ばれます。さらに、最近のご祝儀袋は、パッケージに「1万円~3万円用」などと、贈る金額の目安が書かれているものもあります。購入の際には、こちらも併せて参考にすると良いでしょう。

  • 結びきり
  • 蝶結び
5千円~1万円の場合
  • 5千円~1万円の場合
  • 2百円~4百円程度の金封を選びましょう。水引が印刷されているものは、緊急の場合以外は使用しないほうが無難です。
1万円~3万円の場合
  • 1万円~3万円の場合
  • 3百円~5百円程度の金封を選びましょう。
  • 	代書無料サービス 【御祝い・ご祝儀・祝儀袋】金封
  • 代書無料サービス 【御祝い・ご祝儀・祝儀袋】金封 白檀紙
  • 結納屋さんの金封 【結婚・一般御祝】1~3万円に最適 祝儀袋HM217
  • 結納屋さんの金封 【結婚・一般御祝】1~3万円に最適 祝儀袋HM220
5万円以上の場合
  • 3万円~5万円の場合
  • 5百円~2千円程度の金封を選びましょう。
5万円以上の場合
  • 5万円以上の場合
  • 1千円以上の金封を選びましょう。
  • 筆耕無料!心をこめてお書きいたします。結納屋さんの金封【ご結婚・一般御祝】祝儀袋HM206
  • 筆耕無料!心をこめて筆書きいたします。結納屋さんの金封【ご結婚・一般御祝】祝儀袋HM204
  • 代書無料サービス【ご結婚・新築祝い】金封
  • 代書無料サービス【ご結婚・新築祝い】金封
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP