ご祝儀袋のお金の入れ方や中袋の書き方

ゲストのためのご祝儀マナー 中袋へのお札の入れ方

ご祝儀袋にお礼を包みましょう

ご祝儀袋は、必ず中袋にお金を入れてからご祝儀袋に包みます。市販のご祝儀袋の大半は中袋がついていますが、もしもついていない場合は、半紙や奉書紙でお金を包みましょう。

中袋へのお札の入れ方

中袋へのお札の入れ方 Step 01
  • ご祝儀袋を上包みと中袋に分けます。その際、水引をご祝儀袋から抜くのではなく、ご祝儀袋を水引から抜きましょう。
  • 中袋へのお札の入れ方 Step 01
中袋へのお札の入れ方 Step 02
  • 中袋を広げ、中央にお札を置きましょう。お札は、表面を上にします。
  • 中袋へのお札の入れ方 Step 02
中袋へのお札の入れ方 Step 03
  • 元通りに中袋を折り、お札を包みます。裏に「封」と書いてあるところがあれば、のりで貼りましょう。
  • 中袋へのお札の入れ方 Step 03

上包みの重ね方

上包みの重ね方 Step 01
  • 上包みを裏返し、下側の折り返し部分を水引から抜きます。
  • 上包みの重ね方 Step 01
上包みの重ね方 Step 02
  • 中袋の表面を上にし、1で抜いた上包みの下側から入れます。この際、上包みの上まできちんと入れましょう。
  • 上包みの重ね方 Step 02
上包みの重ね方 Step 03
  • 上包みを折り、元の状態に戻します。この際、上側から水引に通し、下側の折り返しが上に重なるように折ります。
  • 上包みの重ね方 Step 03

ご祝儀袋は、必ず中袋にお金を入れてからご祝儀袋に包みます。市販のご祝儀袋の大半は中袋がついていますが、もしもついていない場合は、半紙や奉書紙でお金を包みましょう。

中袋の書き方

  • 中袋の記入事項は、後日、新郎新婦が確認する際に非常に整理しやすく、便利なものとなります。金額や住所記入欄が印刷されている場合は、そちらに記入しましょう。
  • 中袋の書き方
表面
表面中央に「漢数字」で金額を記入します。
漢数字の参考例
壱・一/弐・二/参・三/四/五/六/七/八/九/
拾・十/百/千・阡/万・萬/円・圓/
裏面
裏面左下に住所と氏名を記入します。郵便番号の記入も忘れずに。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP