袱紗の包み方や結婚式やご祝儀袋の袱紗の使い方

ゲストのためのご祝儀マナー 袱紗の包み方

袱紗を用意しましょう

ご祝儀のお金は新札を用意し、祝儀袋に入れます。その祝儀袋を受付でそのまま手渡していませんか? ガサガサとバッグから取り出していませんか? ポケットやバッグから祝儀袋をむき出しで出すのではなく、祝儀袋は、ふくさに包むか入れるかして渡すのがマナーです。「おめでとう」の気持ちを込めて、想いのこもったご祝儀をスマートに贈りましょう。男性なら藍色や新緑色、紫など、女性なら朱色やえんじ、紫などが好まれています。

袱紗(ふくさ)の種類

ふくさは、「金封ふくさ」「袷ふくさ」「台付ふくさ」などがあり、素材や形状も様々です。もともと、台付ふくさが一般的でしたが、現代のスタイルに合わせ、たためるソフト金封なども人気があります。

金封ふくさ
金封タイプの袱紗
金封ふくさ
袷(あわせ)ふくさ
合わせふくさ
袷(あわせ)ふくさ
台付ふくさ
台付きの袱紗
台付ふくさ

袱紗(ふくさ)包み方

袱紗(ふくさ)の包み方 Step 01
  • 袱紗を広げ、ご祝儀袋を表向きに中央よりやや左寄りに置き、左角をとって中央に折ります。
  • 袱紗(ふくさ)の包み方 Step 01
袱紗(ふくさ)の包み方 Step 02
  • 上の角をとり、その上にかぶせます。
  • 袱紗(ふくさ)の包み方 Step 02
袱紗(ふくさ)の包み方 Step 03
  • 下の角をとり、その上にかぶせます。
  • 袱紗(ふくさ)の包み方 Step 03
袱紗(ふくさ)の包み方 Step 04
  • 右の角をとり、折りかぶせるように全体に包みます。
  • 袱紗(ふくさ)の包み方 Step 04

ワンポイントアドバイス 袱紗のマナー

1)袱紗でのマナーについて
袱紗に包むことは水引を綺麗に保つ、ホコリをよけるということだけではなく、「気」をそのままに保つという意味があります。 相手様への「言葉に表せない気持ち」を包んでお渡しするという日本人特有の美意識です。 また、金品の受け渡しをする際に「むきだしにしない」という日本人ならではの奥ゆかしさの表れでもあります。 購入した際のセロハン袋のまま、むきだしのままでは人生の節目にお祝いの心を伝えるのにふさわしいとは言えません。

袱紗で「心を包み、想いを贈る」という気持ちごとお渡ししましょう。 結婚会場に着いたら、お祝いの言葉を言いましょう。「本日はおめでとうございます」「お招きいただきありがとうございます」を述べてから、袱紗ごとバックなどから取り出し、袱紗を開き両手で祝儀袋を差し出します。その際に ご祝儀袋の文字が受付係りに読めるようにます。

2)袱紗の色について
無地の場合紫色は慶弔どちらにも使えます。 明るい赤、ピンク、黄色などはお祝いの袱紗としておすすめです。刺繍や柄で華やかさを出したり、素材のやわらかさを生かしたものはお祝いの場面にふさわしいものになります。また、男性は紺や黒、茶色などスーツに合った色目を選ばれることも多くなりました。

  「台付ふくさ」は包む布の中に 入っている台の裏表の色が違っていて 赤系の方がお慶びに、グレーの方をお悔みにと 使い分けるようになっています。

  また、台のないポケット式の「金封ふくさ」も使いやすく人気があります。 特に「ソフト金封ふくさ」は中身を出したあと、男性のジャケットの内ポケットにも入れることができる、機能性に優れたタイプです。 素材もネクタイや帯地など、様々な色や柄からお選びいただけます。

刺繍が入った袱紗の場合、お慶びの場合は古来からの鶴、おしどり・鳳凰・松・梅・宝づくしなど、縁起物の動物や植物の柄が用いられます。また、お悔みの場合は蓮・蘭・菊などといった植物の柄を用いられています。 植物や文様などが用いられている袱紗は、古来からの伝わる意味などをとても大切に考えられています。

  人生の節目、人と人をつなぐ場面はもちろんのこと、お見舞いやお月謝など、日常の「さりげない気遣い」として 袱紗を取り入れられてはいかがでしょうか。

3)袱紗について
袱紗は、元来、結納・婚礼祝・出産祝・初節句など、人生の節目の贈答の際に使われる覆う「ちりよけ」のもので、花嫁の近所への挨拶や人と人をつなぐ場面などにもよく使われてきました。今では結婚式の祝儀袋や仏事の不祝儀袋を包む、簡易な形の「金封ふくさ」が一般によく使われています。 伝統的な日本の風習を今の生活や文化の中に大切に取り入れることのひとつとして、自分らしい袱紗を選んでみてはいかがでしょうか。

 
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP