結婚式のご祝儀マナー

ゲストのためのご祝儀マナー ご祝儀のお呼ばれマナー

ご祝儀のマナーとは?

「何度か結婚式には出席しているけれど、これって本当に大丈夫?」ここでは招かれ上手になるためのご祝儀のマナーをご紹介します。お呼ばれマナーの基本をしっかり押さえれば、新郎新婦もゲストも気持ちの良いより心に残る結婚式になります。ワンランク上のお呼ばれマナーをマスターして、ふたりの門出を祝福しましょう!

新札を用意しましょう

ご祝儀に入れるお札は、「新しい門出をお祝いする」という意味を込めて新札を用意するのがマナーです。万が一新札を用意できなかった場合には、皺の少ないお札にアイロンをかけて皺が目立たないようにしましょう。また、ホテル等のフロントで新札に変えてもらうことができるかどうか、お願いをしてみてもいいでしょう。

「4」「9」のつく数字は避けましょう

お祝いごとには使ってはいけない数字があります。「4」「9」のつく金額は、「死」「苦」を連想させるため、絶対に使用してはいけません。また、偶数は「割れる」「別れる」を意味するため縁起が悪いとされてきました。しかし、最近は「2」=「夫婦」「ペア」と考えられるようになり、問題はありません。ただし、縁起を担ぎ、偶数を気にされる新郎新婦もいらっしゃいます。2万円を包む場合は、1万円札と5千円札2枚とし、枚数を奇数にするといいでしょう。また、「8」は末広がりの意味がありますので問題はありません。

中袋に入れる際は「お札を表」に向けましょう

  • お札の向きに決まりはりませんが、「ご祝儀は表」「不祝儀は裏」に向けて入れるのが一般的とされています。これは「死の世界はこの世とは逆さになっている」と考えられていたことにあります。ご祝儀では、表の上側にお札の人物がくるように包みましょう。
  • 中袋に入れる際は「お札を表」に向けましょう

祝福の言葉を述べてからご祝儀を渡しましょう

当日ご祝儀をお渡しする際は、まずはじめに受付の方に「本日はおめでとうございます」とお祝いの言葉を述べます。つぎに、バッグから袱紗に包んだご祝儀を取り出し、袱紗を開いて、両手で受付担当者へご祝儀を渡します。この際、受付担当者が文字を読みやすい方向にご祝儀を向けて渡しましょう。

このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

マニュアルトップ

ページTOP