両家代表や新郎父のための結婚式謝辞の例文

今すぐ使えるスピーチ文例集 謝辞

謝辞

父親

小さい頃の新郎(新婦)との思い出、世界で一番息子(娘)を愛する父の想い、娘(息子)となる新婦(新郎)への感謝の気持ちを伝えましょう。形式にとらわれすぎず、何より自分の言葉でしっかりと、ゲストの皆様に感謝の気持ちを伝えることが大切です。

私は新郎○○の父でございます。
両家を代表いたしまして一言御礼のご挨拶を申し上げます。

本日は、ご多忙中にも関わらず、このように多数ご列席をいただき誠にありがとうございます。

またありがたいご祝辞と励ましのお言葉をいただきまして、 新郎新婦はもちろんのこと、私どもも身に余る光栄でございます。

新郎○○ではございますが、小さな頃から野球に取り組んでおりました。 私の仕事が忙しく、平日なかなか早く帰ってこれない父親ではありましたが、 たまの休日に、○○と一緒にキャッチボールをするのが楽しみでした。目を閉じれば今でも、 あの頃の小さな○○の姿・笑顔が瞼の裏に浮かんで参ります。

高校でも野球部に所属して、甲子園を目指して休みなく頑張っていました。 試合がある時は、どこであろうが、妻と一緒に必ず見に行ったものです。
野球を通じて、○○が人間として成長していく姿を見るのが、私達夫婦の最大の楽しみでもありました。 決して器用な子ではありませんが、無骨でも真っ直ぐに、真剣に物事に取り組むことができる男です。 ●●さん(新婦)、決して出来のいい息子ではありませんが、 こんな○○を生涯の伴侶に選んでくれて、本当にありがとう!
あなたのような心優しい女性を娘として迎え入れることができること、 本当に嬉しく思います。○○は、本当に幸せ者です。

本日両名は晴れて夫婦となりましたが、まだ世間知らずの未熟者同士でございます。 新しい家庭を築くその道のりは、決して平坦ではないでしょう。まだ若い2人のことでございます。 今後とも皆様のお導きが必要となることでしょう。 あたたかいご指導を、何卒よろしくお願い申し上げます。

慣れない宴席で不行き届きの点もあったかと存じますが、どうかお許しください。 結びに皆様のご健康をお祈り申し上げ、両家代表のごあいさつにかえさせていただきます。 本日は、まことにありがとうございました。

このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

マニュアルトップ

ページTOP