新郎による結婚式謝辞(新郎謝辞)の例文・文例集

今すぐ使えるスピーチ文例集 謝辞

謝辞

新郎新婦

心のこもった新郎の謝辞は、ゲストの心にも必ず伝わります。場が和むような笑いなども少し交えながら、最後はしっかりと締めくくりましょう。また、謝辞やおめでたい席では使ってはいけない「忌み言葉」があります。くれぐれも使用しないように気をつけましょう。

忌み言葉
・去る、帰る
・重ね重ね、たびたび
・出る、戻る
・別れる、離れる、切れる
・終わる

皆様、本日は遠方にもかかわらず、私たち二人の結婚披露宴にお集まりいただき、誠にありがとうございます。
本日ご媒酌の労を賜りました●●●●常務ご夫妻には、何度も相談に乗っていただき、何かとご足労をおかけしました。心から感謝いたします。また、式を催行するにあたり、ご協力いただいた式場の方々にもお礼申し上げます。
こんなに多くの人に見守っていただき、沢山の心のこもったご祝辞や励ましのお言葉をいただいたことは、身に余る光栄です。皆様の言葉を肝に銘じ、思いやりの気持ちをもって、いかなる時も二人で協力し、温かい家庭を築いていきたいという決意を固めております。皆様も、新居の近くにいらした際には、ぜひお立ち寄りください。
最後に、私的なことになりますが、お礼を言わせてください。お父さん、お母さん、今日まで二人を育ててくれて、本当にありがとうございました。私たちは、将来、お父さんやお母さんに負けないくらい仲のよい夫婦を目指して、日々頑張っていきます。まだまだ未熟な二人でご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、どうか今後とも、よろしくご指導ご支援くださいますよう、心からお願い申し上げます。そして二人をあたたかい目で見守っていてください。
皆様、本日は誠にありがとうございました。

このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP