結婚式で読む先輩後輩のためのスピーチ文例集

今すぐ使えるスピーチ文例集 友人のスピーチ

友人のスピーチ

学生時代の先輩・後輩

部活動の先輩・後輩の場合は、新郎新婦が活躍した話や思い出深い出来事があったはず。部の活動内容ばかりでなく、その部でのエピソードを披露しながら、新郎新婦の人柄を伝えましょう。

○○さん、▲▲さん、そしてご両家の皆様、本日はおめでとうございます。
このような盛大な披露宴に仲間と共にお招きいただき、感謝しております。私は、××と申します。▲▲さんは中学時代の先輩で、同じテニス部に所属していました。本日は、チームメートを代表してお祝いの言葉を述べさせていただきます。
中学時代の▲▲さんは、髪をポニーテールにして、いつもニコニコしている、とても可愛い女の子でした。ふだんはおっとりしている▲▲さんが、なぜか部活動のときは、目がかわります。
目の奥に炎がチラリとみえるほど、気合が入っていました。
試合直前になると、まるでアスリートのように体調管理をしたり筋トレをしたり、これぞ!スポーツマンといった感じでした。
でも、試合になるとその可憐なフォームで皆をうっとりさせたのです。
そんな▲▲さんですから、クラスメイトだけでなく、遠征先の学校にもかなりのファンがいたようです。テニスというとお嬢様がやるスポーツといた感じがしますが、わたし達の部活は、体育会系だったので、筋トレマラソンなどの体力づくりが主なメニューでした。
過酷なメニューにも文句言わずコツコツとする姿に、テニス部一同励まされました。
○○さんとの恋愛も、全力投球でした。
そんな▲▲さんをかつてのテニス部のみんなで応援していたんですよ。
▲▲さんの人柄を一言で言うと、「サポートしたくなる人」です。
お2人は、わたし達の理想のカップルです。これからもずっと仲良く素敵な夫婦でいてください。
チームメイト一同応援しています。

このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP