叔父や親戚の結婚式挨拶&スピーチ例

今すぐ使えるスピーチ文例集 家族・親族のスピーチ

家族・親族のスピーチ

親しい親戚

毎日の成長を見てきた両親とは少し離れた視点から思い出を語れるのが、親しい親戚ならではのスピーチになります。新郎新婦の幼いころの思い出話を、そのときの両親の心情を交えながら伝えると、会場が温かく微笑ましい雰囲気に包まれます。

○○君、新婦の▲▲さん、ご結婚おめでとうございます。
ただいまご紹介いただきました、新郎の叔父の××と申します。
○○君とは、お腹の中にいた頃からのお付き合いです。
○○君は、産声も病院の中で一番元気がよく、小さな頃も風邪ひとつ引かない健康優良児でした。○○君は知らないでしょうが、○○君のお父さんは○○君が生まれてくるのを、本当に楽しみに待っていたんですよ。
「やっぱり男の子がいいなぁ」って、電話してきたと思ったら、次の日には「女の子もいいよなぁ」って言ったり、その電話が○○君が生まれる日まで毎日繰り返されたものだから、最後の方はお父さんからの電話が私の日課になったくらいです。

○○君は、毎年夏休みになると、必ず実家に遊びに来てくれましたね。一年ごとに成長していく○○君の姿を見るのが、私の密かな楽しみでした。年を重ねるにつれ、私の身長と○○君の身長の差がどんどん縮まっていくことに、○○君の成長を感じ取って「俺も年をとったなあ…」などと思っておりましたが…。
その感慨は、今日この時に一番感じることになったようです。私でさえこのように感動するくらいですから、○○君が生まれてくるのを誰よりも楽しみに待ち、誰よりも愛情を注いで育ててきたご両親の感慨は、ひとしおでしょう。
本当におめでとうございます。

○○君。これからはお互いを思いやり、支え合う、温かい家庭を▲▲さんと一緒に築いていってください。
いつまでも○○君の成長を楽しみにしています。
たまには昔のように、家にも遊びにきてくださいね。
本日は、誠におめでとうございます。

このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP