兄弟姉妹やいとこが話す結婚式のスピーチ例文

今すぐ使えるスピーチ文例集 家族・親族のスピーチ

家族・親族のスピーチ

兄弟・姉妹・いとこ

幼少時代から青春時代までを通して、兄弟・姉妹・いとこだからこそ知っているエピソードを盛り込むと、とても温かいものになります。新郎新婦との小さな頃の思い出や、そこから浮かび上がる二人の人柄などを、自分の言葉でしっかりと伝えましょう。ただし、親しき仲にも礼儀あり。新郎新婦が恥ずかしい思いをしたり不快な思いをしないよう、内容には十分配慮すること。喜びの気持ちを素直に伝えると、心の温まるとても素敵なスピーチになります。

お姉ちゃん、結婚おめでとう。
○○さん、おめでとうございます。お姉ちゃんを頼みますね。私は、新婦の妹で▲▲と申します。
生まれたときから、ずっと姉と共に過ごしてきましたが、この幸せな日を迎えることができて、とても喜ばしく思います。

姉と私はふたつ違いの姉妹で、小さな頃からよく比べられました。私は勉強が嫌いな子供でしたので、親に「お姉ちゃんを見習いなさい」とよく言われていました。出来の良い姉を持った妹の常として、姉をちょっと煙たく思っていたこともあります。けれども姉は、そんな私の面倒をとてもよく見てくれました。
共働きの両親の代わりに、幼稚園まで私を迎えに来てくれるのは姉の役目でした。ある日、その幼稚園の帰りに野良犬に吠えられたことがありました。
小さかった私は大声で泣き出してしまったのですが、姉は私が泣き止むまで頭をなでて、帰り道ではずっとおんぶをしてくれました。
5歳の子供とは言え、たったふたつしか違わない私は、姉にとってはずいぶん重かっただろうと思います。それでも姉は文句ひとつ言いませんでした。時には喧嘩もしましたが、夜遅くまで恋愛話をしたこと、進路の相談に乗ってくれたこと。 私が仕事のことで悩んでいた時に、一緒になって朝まで悩んでくれたこと。どうしようもなく悲しいことがあって落ち込んで泣いていた時に、まるで自分のことのように悲しんでくれ、一緒に泣いてくれたこと。
姉は、私の親友でもあり、一番の理解者でした。
小さな頃からずーっと、私は姉という大きな愛に守られてきたのだな、と思います。大好きなお姉ちゃんを○○さんにとられてしまうのは寂しいですが、姉の幸せのためですから我慢します。○○さん、私から妹としてひとつだけお願いがあります。姉を、世界中の誰よりも幸せにしてあげてください。

そしてお姉ちゃん。
○○さんと一緒に、絶対に幸せになってね。
何があっても、私はお姉ちゃんの味方だからね。
大好きな、大好きなお姉ちゃんへ。
■■より

このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP