返信ハガキの書き方マナーのよくある質問

返信はがきの書き方 返信はがきのQ&A-こんなときはどうする?!編-

こんなときはどうする?!

予定がたたず、すぐに返信ができない…
まずは電話でその旨を伝えましょう。
予定が定まらない等の理由ですぐに返事ができない場合、まずは先方に電話で結婚のお祝いと招待へのお礼を述べ、すぐに返事ができない旨を伝えましょう。そしてできるだけ早く、返事を出せるよう努力をしましょう。また、期日までには必ず、丁寧に返事を出すようにしましょう。
挙式もしくは披露宴のみに出席したい…
出席に丸をつけ、事情を添えましょう。
どちらも出席したいけれど、どうしても都合がつかない場合は、出席の項目に丸をつけ、お祝いのことばと一緒に、挙式もしくは披露宴のみ出席する旨を書き添えましょう。新郎新婦にとっては一生に一度の晴れ姿。ぜひ見届けて欲しいというふたりの気持ちから、結婚式に招待してくれたのでしょう。そのお気持ちを考慮した上で、どちらかには参加する旨、また「楽しみにしている」気持ちを忘れずに伝えしましょう。
結婚式の日と不幸が重なってしまった…
結婚式はお祝い事、それに水を差さないのもエチケットです。
仕事の都合などでやむを得ず欠席する場合は、事情を書いても構いません。ただし、身内の不幸や事故など、おめでたい場にふさわしくない内容の場合は、ハッキリ書かない方が良いでしょう。親しい方なら既に事情を知っている場合もあります。「家族の事情で」と書き添えれば、状況を察してくれるでしょう。また、結婚式後日に、電話などでお詫びを兼ねて説明してもいいでしょう。

家族や親族の場合

連絡して欠席します。この場合は、正直な理由は後日伝えます。

あまり親しい間柄ではない場合

通夜や告別式に参加した後、結婚式に参加しても問題ありません。

結婚式直前になって行けなくなってしまった…
まずはすぐに電話をしましょう。
まずは電話で出席できなくなってしまった旨を伝えましょう。勝手に代理人を立てるのではなく、その後の判断は先方に任せます。また、誤解のないように、後日あらためて電話でお詫びと事情を説明しましょう。出席用に用意したご祝儀も、金額はそのままに、後日あらためて渡します。
あまり親しくない方から招待状が…
自分の憶測だけで判断せずに、周りにも相談してみましょう。
あまり親しくない方から招待状をいただいた場合、欠席の予定であれば、通常の場合に同じく、まずはお詫びの電話をかけましょう。このとき「おめでとう」の言葉を忘れずに。その後、返信はがきを出し、披露宴当日に電報を打つと、より丁寧に感じられます。また、ご祝儀は、招待状をもらった以上、交友度合いは別にして、なんらかの形で渡した方が良いでしょう。特に金額にはこだわらず、品物を贈ることで、お祝いの気持ちを伝えましょう。

新郎新婦の気持ちを大切に

新郎新婦がゲストを結婚式に招待する場合、何よりおもてなしを考えて準備しお招きします。あまり親しくない方から結婚式の招待状をもらった場合、とまどってしまうこともあるかもしれませんが、これからのお付き合いを考えて招待してくれたのかもしれません。出欠席は自分の憶測だけで判断せずに、共通の友人や職場の方などに相談してみるのも良いでしょう。

どうしよう! 結婚式に遅れてしまいそう…
まずは会場に連絡を入れましょう。
おめでたい席に遅刻をするのは大変失礼なこと。招待状が届いたら、しっかり時間を確認し、余裕を持って出かけましょう。それでも交通事情などでやむを得ず遅刻してしまう場合は、まず会場に連絡し、受付係もしくは友人に伝えてもらいます。会場に到着したら、会場スタッフに遅刻した旨を伝え、指示に従い目立たないように入ります。このときけっして挙式場は遅れて入らないこと。厳粛な儀式となりますので、入室をあきらめて、披露宴から参加しましょう。また、受付が終了しご祝儀を渡せなかった場合は、式が終わってからご家族の方に事情を話してお渡しすること。もしくは、後日あらためてお渡ししましょう。
披露宴を中座して帰らなければならなくなってしまった…
区切りの良いところで静かに退席しましょう。
一生に一度のふたりの晴れの姿を最後まで見届けたい…。でもどうしても抜けられない用事が入ってしまった場合は、区切りの良いところで静かに退席しましょう。事前に中座して帰らなければならないとわかっている場合は、知らせておくことはもちろんのことです。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

マニュアルトップ

ページTOP