招待状返信はがきのマナー&タブー

返信はがきの書き方 返信はがきのタブー

間違ってもこれだけはダメ!返信はがきのタブー

返信はがきを出さない

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、どんなに親しい仲でも、電話など口頭で返事を済ませてしまうのはマナー違反。招待状を頂いたら、改めて出欠席の有無とメッセージを書き添えて返信しましょう。

グレー・ブルーのインクを使用する

「グレー」のインクは、不祝儀で使用される色。お祝いごとではタブーとなります。返信はがきには、「黒」、もしくは「黒に近い濃い色」を使いましょう。また、招待状では「ブルー」のインクを使用することもできます。ただし、「ブルーブラック」(万年筆のインクの色)のみとし、鮮やかなブルーは避けましょう。

文字を×印で消す・黒く塗りつぶす

返信はがきは、「御」や「御芳」の文字を二本線や斜線で消します。この時、×印をつけたり黒く塗りつぶして消すのはマナー違反。また、修正液の使用もできるだけ控えましょう。

このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP