結婚式招待状の返信マナーや返事のタブー

返信はがきの書き方 返信はがきの基本とマナー

まずは知っておきたい基本とマナー

返信はがきは必ず!遅くとも1週間以内に出しましょう

招待状を出したふたりにとって、すぐに返事が届くのはやはり嬉しいこと。新しい人生の門出をお祝いする気持ちは、すでに出席の返事から始まっています。招待状を頂いたら、出来るだけ早めに返信しましょう。出席の場合は、添えられたはがきに2~3日中、遅くとも1週間以内に返信しましょう。

インクは“黒”を使いましょう

返信はがきは、正式には毛筆か万年筆で書きます。ただし、慣れないものを使って書くと、文字がぎこちなくなってしまうもの。そのような場合には、書き慣れたボールペンを使っても構いません。丁寧に綺麗な文字で書くよう心がけましょう。返信はがきにおいて、何より大切なのは、インクの「色」。万年筆でもボールペンでも、必ず「黒」を使いましょう。「グレー」は不祝儀のときの色、間違っても使ってはいけません。

「御」「御芳」を消しましょう

「御出席」「御欠席」「御芳名」「御住所」などの、「御」や「御芳」は、招待状を受け取った人への敬語になります。返信する際には、必ず二重線か斜線で消しましょう。

このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP