受付係の披露宴開宴時の挨拶やご祝儀の対応法

受付係の基本とマナー 開演時間になったら

開演の知らせがあったら?

ゲストが揃っているか、確認しましょう

ゲストが全員揃っている場合

ご祝儀と芳名帳を専用袋(封のできるものが良い)にまとめ、前もって決めておいた会計係りに直接手渡しましょう。事前に会計係りの人の顔を確認しておくこともポイントです。

遅刻者がいる場合

受付係の中から1~2人残り、他の受付係は披露宴会場に向かいましょう。いよいよ開宴となったら、大方は、会場担当者が「もう入場されていいですよ」と声をかけてくれます。受付をいったん閉めて披露宴会場に向かいましょう。この際も時間は迫っていますが焦らずに。ご祝儀の管理はしっかりと、芳名帳を専用袋にまとめて会計係りに渡しましょう。

ご両親・ご兄弟にご祝儀をお渡しする際は?

いよいよ披露宴のはじまりです…

受付係は、ゲストが全員揃っていることを確認し、ご祝儀と芳名帳を専用袋にまとめた後、事前に決めておいた会計係りへ、多くは新郎新婦のご両親やご兄弟に手渡します。ご家族にも祝福のことばを忘れずに、丁寧でスマートな挨拶を心がけましょう。

面識のあるご両親・ご兄弟の場合

受付係
「本日はおめでとうございます。」
「無事に受付も終わりました…」

などと、お祝いの言葉、無事受付が終わった旨などを伝え、ご祝儀と芳名帳を手渡しましょう。

面識のないご両親・ご兄弟の場合

受付係
「本日はおめでとうございます。」
「初めまして。○○さんの友人で、受付を担当した、○○です。」
「無事に受付も終わりましたので…」

などと、はじめに簡単な自己紹介をしてから、お祝いの言葉と無事受付が終わった旨を伝えましょう。

ご両親・ご兄弟から声をかけてくださった場合

ご両親・ご兄弟
「いつもうちの○○がお世話になっております。」
「これからもどうか○○を助けてやって下さいね。」

などと声をかけてくださった場合には、

受付係
「こちらこそいつもお世話になっていて…」

などと丁寧な言葉遣いを心がけながら、ご祝儀と芳名帳を手渡しましょう。

このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP