ワンランク上の披露宴受付の心得や結婚式受付準備

受付係の基本とマナー ワンランクアップ!受付講座

ワンランクアップ!心得編

なにより笑顔を忘れずに!

結婚式当日、ゲストは、新郎新婦の晴れの姿を楽しみに、祝福の気持ちをめいっぱいのお洒落で表現しながら、心地よい緊張感とともに会場に向かわれます。そのため、会場へ到着したときには、「無事に会場までたどりつけた…」という安堵感や、ちょっとした疲労感も感じるもの。そんなときに、受付を笑顔で迎えられると、ほっと疲れも癒されますよね。
さらに、笑顔でいることで、周りの雰囲気がパッと華やぎ、自然と優しい気持ちになれるもの。この日のためにはるばる見えられたゲストだけでなく、自分自身の緊張までも解いてくれる力があります。
受付係は、両家の代表という責任ある立場から、緊張してしまうこともあるかもしれませんが、「笑顔」だけは忘れずに。おもてなしの気持ちを心がけることで、自然と笑顔になれるはず。また周りの雰囲気も和み、あたたかく、心に残る、和やかで素敵な受付となるでしょう。

ほんの少しだけ視野を広げてみて!

受付係をしていると、「トイレはどこですか?」「親族の控え室は?」「更衣室はありますか?」などと聞かれることがしばしばあります。このように、結婚式の受付は「案内係り」を兼ねることも多いため、会場内の施設も確認しておきましょう。トイレや、控え室、更衣室や、クローク、電話ボックスや、化粧室、タクシー乗り場や、売店など、聞かれたらすぐにご案内できるようにしておくと、とても親切な受付となります。
また、会場に向かう道のりで、周辺のお店や最寄り駅などをちょっとチェックしておくと、万が一「ここからいちばん近い駅は?」などと聞かれたときも、すぐにご案内することができ、ゲストに大変喜んでいただけるでしょう。

「受付リスト」をもらいましょう

当日、出席者の中には、「お車代」「心付け」をお渡しする必要のあるゲスト、また、ご挨拶などで取り次ぐ必要のあるゲストがいる場合があります。新郎新婦から事前に「必要なゲスト」をしっかり聞き、「受付リスト」をもらっておくと、当日、よりスムーズに、受付を進めることができるでしょう。新郎新婦に事前にしっかり聞いておき、ゲストにお待たせすることのない、ワンランク上の受付係を目指しましょう。

自分のご祝儀も忘れずに

当日、受付に向かうことに必死で、荷物と一緒にご祝儀を預けちゃった!なんていうこともしばしばあります。しかし、受付係は、一度始まると、どんなことがあってもその場から離れてはいけないため、忘れ物もなかなか取りに戻ることができません。クロークに預けるときには、ご祝儀、また必要なものをしっかり確認して、くれぐれも忘れ物のないように気を付けましょう。

ワンランクアップ!準備編

受付も楽しくおしゃれにトータルコーディネート!

受付は、ご祝儀をお預かりしたりお心付けをお渡ししたりするなど、表情や上半身はもちろんのこと、意外とゲストの目にふれるのが、「手」になります。女性であれば、指先に綺麗な色の「マニキュア」や「ネイル」をしてみるなど、お着物やドレスに合わせて、指先までトータルにコーディネートを楽しんでみると、いっそう気持ちも華やかになります。また、男性も「爪を切る」など、きれいに整えておくだけでも、スマートな印象を与えることができます。

このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP