結婚式受付係のためのご祝儀泥棒に騙されない方法

受付係の基本とマナー 結婚式場に潜むご祝儀泥棒

気を付けて!結婚式場に潜むご祝儀泥棒

披露宴は縁起の良い日に重なるもの。大安・吉日の日や結婚シーズンには、あちらこちらに新郎新婦たちの行き交う場面が見られます。幸せそうな新郎新婦に祝福するゲストの方々と、とっても微笑ましい光景ですが、中にはそれらしく振舞いながらまぎれ込む心ない「ご祝儀泥棒」がいるのも事実です。

ご祝儀泥棒の手口とは?

多くは身内の人間や会場スタッフになりすまし、手伝う素振りを見せながら、ほんの一瞬の隙にご祝儀を持っていってしまいます。中には受付係もすっかり関係者と思い込み、しばらくの間、盗まれたことすら気付かれないといったケースもあるようです。くれぐれも、受付が無人にならないように気を付けましょう。

親族・友人になりすまして… 会場スタッフになりすまして…

※貸金庫のある会場もありますが、原則として、会場では通常、金銭の預かりなどは行いません。

ご祝儀泥棒の対策方法

たくさんのゲストが一度にいらっしゃると、一生懸命になるものの受付がごった返してしまうことがあります。何がなにやらわからないうちに、気付くと「ご祝儀はどこ?誰が管理してるんだっけ?」なんていうことのないように。 事前に役割分担をしっかりと決め、受付の流れを十分に把握し、万全の体勢で受付を務めましょう。ご祝儀からは決して目を離さないよう、十分気を付けましょう。

受付係の最中に声がかかったときは
披露宴は、もともと新郎新婦の親族や友人、関係者の「初顔合わせ」と言える場でもあります。不特定多数の人が出入りするため、知らない顔も多く、親族や会場スタッフと言われると気を許してしまいそうですが、くれぐれも受付係以外の人を受付に入れないようにしましょう。ただし、中には本当に親切で声をかけて下さる方もいらっしゃるので、そのようなお声がかかった時には、「間に合っておりますので」と丁重にお断りしましょう。なお、会場等では、会場スタッフが受付に直接ご祝儀を取りに行くことはめったにありません。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP