ご祝儀係や案内係など結婚式受付の役割分担

受付係の基本とマナー  受付係の役割分担

受付係をマスターしよう

新郎側と新婦側の二手に分かれましょう

結婚式の受付係は、新郎新婦の友人や会社の後輩などから、両家ともに2名ずつお願いされるのが一般的です。芳名帳などは、両家に1つずつ用意し、新郎側と新婦側の二手に分かれて、それぞれ両家ごとに受付を行います。なお、ご祝儀は、新郎側と新婦側、各側の受付係でお預かりすること。くれぐれも両家一緒にしてはいけません。

受付配置図

役割分担を決めましょう

両家ともに「ご案内係」と「ご祝儀係」に役割分担することで、ゲストにお待ちいただく時間が短縮されます。受付係もあわてることなくスムーズに、ゲストにも気持ちの良い受付を進めることができるでしょう。

ご案内係の仕事

主に、ゲストとのご挨拶、配布物の手渡し、および開宴までのご案内をします。

  • 見えられたゲストにご挨拶をする
  • お預かりしたご祝儀を、ご祝儀係へ渡す
  • ゲストに記帳のお願いをする
  • ゲストに配布物を手渡す(席次表・お車代など)
  • 開宴までのご案内(控え室・ウェルカムドリンクの説明など)

ご祝儀係の仕事

主に、責任を持ってご祝儀をお預かりします。

  • ゲスト名簿をチェックする
  • 見えられたゲストの確認(ゲスト名簿との照らし合わせ)
  • ご祝儀の保管
これだけは気を付けて! 2.ご祝儀の管理は慎重に
いったん受付が開始したら、トイレや急な呼び出しなどがあっても、必ず受付係の誰かしらが受付に残り、決してご祝儀のそばを離れてはいけません。また、開宴時間になったら、ご祝儀と芳名帳を専用の袋に入れ、会計係りに渡します。会計係りになる方の顔も事前に確認しておきましょう。ご祝儀の管理は慎重に、十分注意を払いましょう。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP