結婚式受付の心得

受付係の基本とマナー 受付係の心得

受付係の心得とは?

受付係はどんな役目?

「両家の代表=顔」となる、大切な役目

結婚式の受付は、挙式や披露宴に招待されたゲストが会場に到着して、いちばん始めに立ち寄るところ。受付係は、「両家の代表=顔」になります。新郎新婦に代わり、自分たちのために来てくださったゲストをいちばん始めにお迎えする、大切な役目となります。

笑顔を忘れずに!
当日は、両家の代表であることをしっかりと胸に、ゲストに失礼のないよう心がけましょう。そして、何より「笑顔」を忘れずに。「今日は来てくれて本当にありがとう」という気持ちを持って、心からゲストをお迎えしましょう。

知っておきたい受付の2つの心得

1.両家の代表として責任感を持ちましょう

受付は、新郎新婦に代わってゲストを迎えるほか、芳名帳にご記帳いただいたり、ご祝儀や祝電の受け取り、お客様の取次ぎ、席次表や席札を手渡すなどの役目があります。
特にご祝儀といった金銭面の取り扱いも発生するため、「両家の代表」として、またお預かりしたお祝いに「全責任」を持って、受付係を努めましょう。

2.爽やかに明るく好印象に!

受付係は、「両家の代表=顔」 となります。ゲストに決して失礼のないよう、態度や言葉使いには十分に気を付けましょう。また、髪型や服装にも気を配ります。晴れの日にふさわしく、誰からも好感が持たれる、爽やかで明るい印象を心がけましょう。

当日までに確認しましょう

当日はより気持ちに余裕をもって望みたいもの。あらかじめ確認しておくことで、心の準備ができ、あわてることなく、正確で確実に対応することができます。そのため、ゲストをお待たせすることなく、より心くばりのできる、素敵な受付ができるでしょう。

当日あわてないために、事前のチェックポイント
受付係の集合時間、また開始時間は?
お預かりしたご祝儀は誰に渡す?
お車代を渡す必要はあるか?
取り次ぐ必要のあるゲストはいないか?
遅刻者が出た場合には?

「時間と流れ」をしっかり確認

当日、受付係は受付時間前に集合し、多くは受付係同士の顔合わせや、会場スタッフから事前説明を受けます。余裕を持って会場へ向かうためにも、あらかじめ受付係の集合時間、また、受付の開始時間をしっかり確認しておきましょう。

受付はいつから始まるの?
結婚式の受付は、主に「挙式前の受付」と「披露宴前の受付」の2つのパターンがあります。これは、会場場所や挙式スタイルの違いによるためです。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP