結婚式受付の挨拶やシーン別挨拶言葉の文例集

受付係の基本とマナー 挨拶のマナー

ゲストとの挨拶編

ゲストが見えられたら?

必ず立って一礼をしましょう。 ゲストから祝福の言葉を受けたら、笑顔で挨拶をします。

ゲスト
「 本日はおめでとうございます。(新郎・新婦の友人の○○と申します)。」
受付係
「(本日はお忙しい中、ご出席いただき)ありがとうございます。」

※( )内は、混雑時には省略しても可
※ゲストが確実にご親族・ご家族とわかる場合には、「本日は誠におめでとうございます」と、こちらからご挨拶をしましょう。

ご祝儀を手渡されたら?

ご案内係

ゲストからお祝いの言葉を述べられた後、ご祝儀を手渡されたら、お礼を述べて両手で受け取りましょう。

ご案内係
「ありがとうございます。お預かりいたします。」

ご祝儀係

ご祝儀をいただいたゲストのお名前を確認し、ゲスト名簿(大方はあらかじめ出席者の名簿が渡されます)にチェックを入れたら、お盆の上に置きましょう。

ご祝儀はお盆に積み上げましょう
ご祝儀をすぐに紙袋などにしまうと、受付が淋しく寂しくなってしまいます。ご祝儀を置くお盆は空にせず、目を話さないよう注意しながら、時折、積み上げられたご祝儀の半分ほどを足元の紙袋などへ保管しましょう。

※ご祝儀・芳名帳は、必ず新郎・新婦に分けましょう

記帳をお願いするには?

次に、芳名帳の記帳をお願いしましょう。芳名帳の正面をゲストの方に向け、指を揃え手のひらを上に、手を添えながらお願いしましょう。お名前と住所を記帳していただきます。

受付係
「恐れ入りますが、こちらにご記帳をお願いいたします。」

※二つ折りタイプの芳名帳の場合は、片面にだけ書いていただくようにしましょう。裏映りしないというだけでなく、「表裏がない」という縁起担ぎの意味が込められています。

記帳をいただいたら?

席次表(他に披露宴中に使用するものなど)を手渡し、控え室の方向に手を向け、言葉を添えながら、次の方のご案内に進みましょう。なお、お車代や無料駐車券などをお預かりしている場合は、この時にお渡しします。

受付係
「開宴までもうしばらくお待ち下さい。控え室は○○となっております。」
「挙式(披露宴)が始まるまで、もうしばらく控え室にてお待ち下さい。
会場の準備が整いましたらお呼びいたします。控え室は○○となります。」
受付係の最中に手が空いたら
受付係の合間、手の空いたときには、席札とゲスト名簿を照らし合わせ、ゲストの出席状況を再確認しましょう。また、この時、お車代がきちんと渡されているかの確認も忘れずに。万が一、忘れていた場合には、この合間に、信頼のおける代理の方を立て、ゲストにお車代をお渡しいただくよう、お願いをしましょう。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP