結婚式受付のマナー

受付係の基本とマナー 受付が始まるまでの流れ

受付開始までの流れを確認しましょう

会場に到着したら?

受付の多くは、挙式や披露宴の30分前から始まります。当日は、事前に受付係の顔合わせや、会場設備の確認などができるよう、余裕を持って、集合時間の30分前には会場へ着くように家を出ましょう。また、会場に到着し次第、時間が取れるようであれば、まずはご両家へご挨拶に伺いましょう。

トイレは必ず済ませましょう

受付が始まると、両家の代表として、ゲストからご祝儀をいただきます。責任を持ってお預かりし、どんなことがあっても持ち場を離れてはいけません。受付が始まる前には必ずトイレを済ませましょう。

荷物はクロークへ預けましょう

受付が始まると、たくさんのゲストがいらっしゃいます。また、会場によっては不特定多数の人が出入りします。受付の仕事に集中するためにも、コートやバッグなど、必要なもの以外はすべてクロークへ預けましょう。

受付係の集合時間になったら?

「受付係・会場スタッフの顔」をしっかり確認

新郎新婦から事前に伝えられた時間までに、あらかじめ指定された集合場所に向かいましょう。受付係、および会場スタッフの初顔合わせの場となります。 受付開始後にご祝儀がなくなるなどのトラブルを防ぐためにも、ここでしっかり「受付係・会場スタッフの顔」を覚えておきましょう。

会場スタッフより受付の流れの説明を受けましょう

受付係の顔合わせを終えた後、会場スタッフより説明を受けます。受付に用意されているものや、受付方法についての説明、会場設備などを確認しましょう。その後、各自ポジションにつきます。受付準備が整い次第、早めに見えたゲストをお迎えしましょう。

受付がはじまる前に確認しましょう

役割分担を決めましょう

結婚式は、親族や友人などが久しぶりに再会し、懐かしい話に花を咲かせる光景もあちらこちらで見られます。そのため、思わず話し込んでしまい、挙式や披露宴の始まる直前に突然受付が混みあってしまうというハプニングも…。そのようなときにもあわてないために、あらかじめ役割分担を決めておきましょう。

「ご祝儀をお渡しする人」を確認しましょう

受付でゲストからいただいたご祝儀は、受付係が全責任を持ってお預かりします。多くは、受付が終わり次第、芳名帳と一緒に専用の袋にまとめて、新郎新婦のご両親、もしくはご兄弟にお渡しします。
当日、「お預かりしたご祝儀を誰にお渡しするか」、大方は会場スタッフからの指示もありますが、まれに会場の金庫に一時的に預けるなど、受付やご祝儀の管理に至っては、ケースバイケースで、そのスタイルも様々です。ご祝儀は、何よりゲストから両家の代表としてお預かりした大切なもの。事前に「ご祝儀をお渡しする人」をしっかり確認し心得ておくことで、当日、万が一「誰に渡すの?」とあわてることもなく、落ち着いて受付に望むことができるでしょう。

これだけは気を付けて!1.ご祝儀は肌身離さずに
結婚式場には、不特定多数の人が出入りします。そのため、おめでたい場にもかかわらず、心ないご祝儀を狙った盗難事件などが発生してしまうのも現状です。 受付係を努めることが決まったら、まずは、新郎新婦に「ご祝儀をお渡しする人」をしっかり確認しましょう。 また、当日はお預かりしたご祝儀を直接決められた人に手渡すまで、肌身離さず全責任を持ちましょう。

「必要なゲスト」を確認しましょう

当日、披露宴で「はじめの挨拶」や「乾杯の音頭」をとっていただく主賓の方々には、新郎新婦より、この日のためにわざわざ来て下さったこと、また、お役目を引き受けて下さった「感謝の気持ち」を表すひとつとして、受付で「お車代」「心付け」をお渡しすることがあります。さらに、状況に応じ、遠方からはるばる駆けつけて下さったゲストにも、同じく「お車代」をお渡しすることがあります。受付係を務める際には、事前に新郎新婦から「必要なゲスト」をしっかり聞いておきましょう。

「全員揃わない場合」の応対方法を確認しましょう

当日、遅刻などによりゲストが全員揃わない場合の応対方法は、その会場や結婚式により様々です。 当日、万が一の場合に備え、しっかり確認しておきましょう。

このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP