結婚式二次会の男女別の服装マナー

二次会HOW TOガイド 二次会の服装マナー 二次会景品は通販で!今人気の二次会景品サイトを一挙公開

コレさえ見れば大丈夫!失礼にならない男女別二次会服装マナー

男性編

  • フォーマル系の二次会の場合、黒のスーツに白いネクタイ、革靴をあわせましょう。ネクタイと合わせたポケットチーフがあるとよりフォーマルになります。
  • 新郎よりも目立ってしまう羽織袴などは着ないようにしましょう。
  • カジュアル系の二次会の場合でも、ジャケットを着用しましょう。
  • 挙式から招待する人数は、チャペルなどの収容人数を確認しましょう。
  • 黒いネクタイは柄が入っていても縁起が悪いので身に付けないようにしましょう。
  • ※最近はレストランウエディングなどが主流になってきたこともあり、カジュアル路線として、マナー違反とされないこともあります。

女性編

  • 新婦よりも目立たない服装を心がけましょう。また、白は花嫁の色なので、白以外のドレスを着ましょう。
  • フォーマル系の二次会の場合、披露宴と同様、シンプルな膝丈のセミドレスに、足元はパンプスがよいでしょう。肩は出ないように、ストールなどをかけましょう。ロングドレスや編みタイツ、黒いストッキング、オープントウの靴などはマナー違反になりますので、注意してください。
  • ※最近はレストランウエディングなどが主流になってきたこともあり、カジュアル路線として、マナー違反とされないこともあります。
  • 二次会会場に合わせた服装を心がけましょう。例えば、カジュアルなレストランに着物で行くと浮いてしまう可能性があります。
  • ブラックパールは縁起が悪いので身に付けないようにしましょう。

共通編

  • 着物以外の民族衣装は仮装パーティーになるので、マナー違反になります。
  • 二次会会場が居酒屋などカジュアル系の場合は、男女ともに少しくだけた服装でも問題ありませんが、下記の2点に気をつけてください。
  • ジーンズやスニーカー、レザー、ブーツなどカジュアルすぎるものはマナー違反になりますので、注意してください。
  • Tシャツやタンクトップ、キャミソールなど露出度が高いものはマナー違反になりますので、注意してください。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP