スーツ&ネクタイ-男性の結婚式二次会服装

二次会HOW TOガイド 二次会の服装 男性編 二次会景品は通販で!今人気の二次会景品サイトを一挙公開 結婚準備室プレゼンツ おすすめ二次会代行幹事プラン

二次会で魅せる!男性の服装

「結婚式の二次会って何を着るもの?お祝いの席だからスーツ?でも、二次会の招待状には平服って書いてあるし、ジーンズでもいいの?」と、二次会の服装に関して悩んでいる男性が多いとよく聞きます。ここでは、そんな男性のために、結婚式二次会に着ていくオススメの服装について紹介します。

披露宴+二次会の場合
披露宴に出席した人のほとんどが二次会に出席するので、披露宴の服装を基本にして考える方がよいでしょう。披露宴では、黒のスーツに白い慶事用のネクタイ、足元は革靴をあわせるのが一般的です。ポケットチーフがあるとさらによいでしょう。ワイシャツの色はお好きなものを選んでください。スーツも、ダブルかシングルかで悩む男性もいるようですが、どちらを着用してもマナー違反にはなりません。
少しオシャレにしたい場合は、ネクタイを外したり、ワイシャツだけ色を変えるなど、ちょっとしたアレンジを加えるとよいでしょう。ただし、仕事上の上司や先輩が新郎新婦の場合は、ネクタイを着用した方が無難です。
また、いくら見栄えがするフォーマルな格好だからといって、新郎よりも目立ってしまう羽織袴などはやめましょう。
シングルスーツ
二次会だけの場合
二次会だけの場合でも、お祝いの席ということもあり、いくら“平服で構いません”と言われても、男性は黒のスーツが一般的です。カラーシャツやネクタイでオシャレを楽しんでください。黒いネクタイは柄が入っているものでも、縁起が悪いと言われているため着用しないようにしましょう。ただし、前もって結婚式の二次会の会場を確認し、カジュアルな格好でもよさそうな感じであれば、Tシャツやタンクトップ、ジーンズ、スニーカーなどのラフすぎる格好を除けば、多少ラフな格好でも問題ありません。季節を問わず、ジャケットを着用しておけばほぼ問題はないでしょう。新郎新婦や他のゲストに対して失礼にならないように、キチンとした格好をするように意識することが大切です。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP