女性のための結婚式の二次会服装マニュアル

二次会HOW TOガイド 二次会の服装 女性編 二次会景品は通販で!今人気の二次会景品サイトを一挙公開

二次会で魅せる!女性の服装

結婚式の二次会直前になると「普段着ることがないドレスを着てオシャレしたい!でも、どんなドレスがいいのか分からない。」と思う女性が多いのではないでしょうか?ここでは、結婚式二次会のパターン別に、女性を魅力的にみせるオススメの服装を紹介します。

披露宴+二次会の場合
披露宴の後は、ゲストのほとんどが二次会に出席することから、披露宴に着ていく服装がベースになります。基本的に、披露宴や二次会では、花嫁の色である白や、喪服を連想させるドレスやワンピースは着てはいけません。二次会会場を華やかに彩る、ピンクやゴールド、シルバーなどの膝丈ドレスに、真珠やダイヤといったアクセサリーをあわせましょう。披露宴では肌の露出も控えた方がよいため、ノースリーブなどのドレスを着た場合、披露宴ではストールなどを巻き、二次会で取り外すなどのアレンジをしましょう。もちろん、正装である着物を着ていっても構いません。また、立食形式の二次会の場合は、パンツスーツにショルダーバッグなど動きやすい服装がオススメです。
二次会だけの場合
“平服で構いません”と二次会の招待状に書かれている場合がありますが、二次会はお祝いの席なので、それなりにきちんとした服装で出席しましょう。挙式、披露宴と同日の場合は、それらに出席している人にあわせて、上記で述べたようなフォーマルな格好がよいでしょう。二次会会場が居酒屋などフォーマルな会場でない場合は、普段より少し華やかなよそ行きスタイルがオススメです。ただし、夏場だったとしても素足はもちろんのこと、タンクトップやキャミソールなどの露出度が高い服装は、二次会の服装としてあまり好まれないので注意しましょう。レザーも同様です。また、冬場に履きたいブーツもマナー違反です。新郎新婦や他のゲストに対して失礼にならないように、キチンとした格好をするように意識することが大切です。
ワンピース
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP