二次会受付や幹事から司会進行&乾杯の役割分担

二次会HOW TOガイド 二次会担当決め 二次会景品は通販で!今人気の二次会景品サイトを一挙公開

二次会ゲストと役割分担!

結婚式二次会の幹事は少数精鋭が基本。とはいうものの、二次会当日の運営を幹事だけでやることはほぼ不可能です。そういった時は、二次会参加者複数名に声をかけ、それぞれに役割を割り振っていきましょう。ここでは、どんな仕事を誰に頼むのがよいかをまとめてみました。うまく分担して、スムーズに結婚式二次会が進むようにしましょう。

司会(1~2名)
仕事内容
当日の進行・管理・ハプニングへの対応など
適任は?
パーティーにハプニングはつきものなので、慌てないで臨機応変に対応できる人がベストです。幹事から選出する事が多いですが、もし司会を幹事以外の人にお願いするなら、早めに声を掛けてください。どんな人でも当日は緊張するもの。簡単な台本を用意するとよいでしょう。
乾杯(1名)
仕事内容
新郎新婦へのメッセージ&乾杯の発声
適任は?
新郎新婦の共通の知人や、上司など。当日にお願いするより、前もってお願いしておいたほうが、遅刻などのハプニングもありません。
受付(2~4名)
仕事内容
当日受付で会費を集めて、名簿にチェック。集計までを行う。
適任は?
受付開始30分前には必ず会場に着ける人から選びましょう。お金を管理するので、几帳面で信頼できる人がよいでしょう。80名を超える二次会では、受付が長蛇の列にならないように、新郎側、新婦側と、受付を2つ用意するなど配慮が必要です。また、二次会に遅れてくる人もいるので、拘束時間が長くなる場合も。交代で対応するなど、なるべく二次会に参加できるように声をかけてあげましょう。
進行補助(1名以上 進行による)
仕事内容
インスタントカメラを撮る係、ゲームの景品を渡す係など進行によって色々
適任は?
二次会当日は幹事と一緒に動いてもらうので、できれば幹事の部下や友人がベストです。
音響
仕事内容
シーンに合わせて音楽を流す
適任は?
会場スタッフとの打合せ時に同席してもらえる人がベストです。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP