花嫁座談会-あなたの“人生最高の1日”が永遠にゲストの記憶に残る引出物 第2回

誰しも子供の頃から、プレゼントを開ける瞬間ってワクワクしましたよね。 大人になってもリボンをほどくその瞬間の気持ちは、変わらないもの・・・
結婚式のギフトは、ただの『物』のプレゼントではありません。手元に渡ったその瞬間から、お二人を思い出すアイテムになるでしょう。お二人の「想い」や「らしさ」をゲストに届けてあげてください。

ギフトで感謝の気持ちを伝えたい・・・

カタログを見る3人

結婚式って新郎新婦の幸せな笑顔が見られればそれだけで満足だけど、やっぱりゲストとしては、ギフトも期待しちゃいますよね!?
でも年齢層も様々だし、ゲストみんなが喜んでくれるギフトってあるのかな?そんな花嫁さんの疑問を解決すべく、前回の「引菓子選び」に続き、今回は「引出物選び」のコツをレクチャーします!形に残る想い出が引出物だからこそ、妥協はしたくないもの。 ゲストの喜ぶ顔を思い浮かべながら、いざ引出物選びがスタート。

形に残るからこそ引出物選びって
難しい・・・

有賀

それでは、今回は引出物について、皆さんにいろいろお伺いしていきたいと思います。引出物って形に残る物なので選ぶのは大変ですよね。今日はプロの目から見た引出物の選び方を伝授したいと思いますが、その前に現在みなさんは、どんなところをポイントに引出物を選んでいますか?

クミ

私は親の意見もあり来賓と友人とで種類を分けました。

有賀

そうですね。包まれるご祝儀が違うので、ご祝儀にあわせる方は多いですよね。

マミさん

私は全員一緒で、ペアグラスにしました。

有賀

グラスに決めた理由はあるんですか?

マミさん

私の場合、親からカタログギフトはやめてという意見があったんです。それ以外は私の意見で選びました。9月上旬の式はまだ暑いので、「グラスの透明さと、BOXのブルーで爽やかな印象」がポイントです!

有賀

なるほど。季節感を感じてもらうっていうのは素敵ですね。

クミさん

クミさん (10月挙式)

5月でお付き合い1年目を迎えた大阪勤務の彼と、都内のホテルで挙式予定のクミさん。第2回では「可愛らしく上品に」をテーマに変身しました。

親の意見ってどうしてる?
自分たちだけで決めるのは不安だし・・・

マミさん

マミさん (9月挙式)

大学時代の友人の結婚式で偶然再会した彼と、都内のハウスウエディングで挙式予定のマミさん。第2回では「華やかであり、ゆるい感じのスタイルに」をテーマに変身しました。

有賀

今のところお二人はご両親様のご意向が引出物選びに反映されているようですが、アヤさんは?

アヤさん

私は全て任せると言うことで私が決めちゃってます。

有賀

でも全てお任せされるのも不安ですよね・・・。

マミさん

私の場合もカタログギフト以外ならってことで、それ以外はお任せだったんです。でも実際決める際には、もしあとから何か言われたら不安なので、自分の親と相手の親には、これにしようと思っているんだけどって相談をしました。

有賀

偉いですね!引出物はご両家からの贈り物になるので、確かにご両親様に確認を取ることは必要ですよね。

みんなはカタログギフト派?
それとも物派?

有賀

アヤさんは引出物は決めていますか?

アヤさん

全然決まっていないんですよね。でも出来ればカタログギフトはやめようかなって思っています。

有賀

カタログギフトをやめようと思う理由って?

アヤさん

私たちがこだわって選びました!っていう物を渡したいんです。 カタログの場合、みんなバラバラな物を選ぶわけで、あんまり結婚式の引出物っていう印象がなくなってしまうようで寂しい気がしたんです。物なら、あっこれは誰々ちゃんの結婚式でもらったものだって思い出してもらえる気がして・・・。

有賀

確かにカタログギフトって好き嫌いがはっきり分かれるんですよね。アヤさんが言ったとおり、素っ気無い感じがしたり、思い出に残る物にはならないからイヤって言う人もいれば、逆に好きな物を選んでもらえて便利とか、当日も荷物にならなくて便利って人もいますよね。

アヤさん

アヤさん (10月挙式)

転職先の彼のキューピット役をつとめたのは何とお母さんという、都内のハウスウエディングで挙式予定のアヤさん。第2回目では「大人っぽくかっこいい」をテーマに変身しました。

想いが伝わる引出物??
そんなお店あったらいいな・・・

江口さん

ブライダル・イン・プロジェクトの江口さん

有賀

引出物はみんな同じ物をあげる人、人によって変える人がいたり、カタログにしようと思う人、物をあげようと思う人など様々ですよね。
でもそういったゲストのことを想ってギフトを選ぶっていうことが大事なんですよね。そして、なぜその引出物を選んだのかっていう新郎新婦様の想いも一緒に伝えることが出来たら、ゲストの方もより一層喜んでもらえると思います。
今日はそんな“想いが伝わる引出物”をご紹介していきたいと思います。それでは江口さん宜しくお願いします!

全員

宜しくお願いします!

江口

こんにちは。私どものブライダル・イン・プロジェクト(以下BIP)のテーマは、“エッセンスオブライフ”。生活の中にBIPの商品があるだけで、毎日がワクワク楽しくなる、そんなエッセンスを加えましょう!ということを大事にしています。 そして、ここにある商品のBOXには、全て『ストーリーカード』が入っているんです。 このカードには、商品に込められた意味や願いが書いてあって、ギフトを贈った人の気持ちが、贈られた人にとてもよく伝わるんです。

全員

へ~。すご~い。

江口

例えば、『フェリチターレ』という商品はイタリア語で「幸せになる」という意味なんですよ、とか。このお皿はパスタやカレー皿にでも、またフルーツやスイーツボールにでも、というような使い方のアレコレが書いてあるので、使うイメージがし易いんです!

クミ

うん、もらった時に使い方が書いてあるとイメージ出来て、たくさん使ってもらえそう!

ギフトBOXを見ただけで、
ワクワクドキドキしてもらいたい!

江口

他にも、引出物のラッピングがエコを意識したものになっているんです。包装紙や箱が無駄にならないように、箱自体がギフトのひとつで、この箱にいろいろな想い出を詰め込んでもらえます。

アヤさん

本当に可愛い!私だったらこの箱だけでももらって嬉しいな。

マミさん

そうだね!手紙を入れるBOXにしたり何でも使えそう!!

江口

BOXはシルク素材やスエード素材など、色もたくさんあり、商品のイメージに合わせてベストセレクションしてあります。引出物袋の中から、このBOXが見えただけでワクワクすると思いません?

全員

うんうん!!

アヤさん、マミさん、クミさん

引出物の種類を変えるなら、
3つのカテゴリー分けがベスト

箱を開けると・・・
江口

では早速、商品を見ながらお話をしていきましょう。
昔は感謝の意味に差を付けないということで皆さま同じ引出物を選ばれていたのですが、現在はもらった方に喜んでもらう為に種類を変える方が非常に増えています。その分けるパターンで多いのが、親族と主賓、男性友人、女性友人と3つのカテゴリーなんです。ご友人の中でも、1人暮らしか実家かなどもっと細かくカテゴリーを分ける方もいらっしゃいます。そうやって、ゲストの為を想って、一生懸命に引出物を選ばれている姿を見ると本当に感動します。

クミ

そこまでゲストのことを考えて選んだら、絶対喜ばれるよね。

アヤ

せっかくあげるなら、棚の中にしまわれちゃうのは寂しいしね・・・。

江口

では、まず親族や主賓の方にあげるイメージってどんなもの?

マミさん

高級感のあるもの!

クミ

日常使ってもらえそうなもの!

江口

そうですね。やっぱり大皿や5個セットの食器や漆器などが人気です。漆器が人気な理由は、軽いし、割れないし、そして塗り重ねて作るというところから歳を重ねていくという意味につながって結婚式にピッタリなんですよ。

男性は何をもらったら嬉しいの?
そんな時の選び方は??

江口

では男性のご友人に選ぶとしたら?

マミさん

彼の愛用しているものを参考にします。これって男性にはあると便利なのかな?とか、もらって不必要なことは無いのかな?とか。

アヤさん

そうだなぁ、彼の列席者を考えて、お酒飲む人が多いな~とかそういうところから考えるかな。

クミ

彼の意見も聞くけど、お父さんの意見を聞いたりして、男性ってこういったものをもらうと嬉しいのかなって参考にします。

江口

なるほど~。男性への引出物は、スーツを着るゲストなら靴グッズ、お酒が好きな人ならお洒落なグラスが人気ですね。他にもゴルフ好きの上司にパターセットを贈る方もいるんですよ。もちろんひとパーティーに何個も出るわけではなく、1個か2個なんですが、その人のためだけの引出物を選ぶ方もいます。

その人のためだけの引出物を選ぶ方もいます

自分では買わないけどもらったら嬉しいもの。
それが一番ゲストも嬉しい引出物!

引出物を吟味中・・・
江口

では女性のご友人には何をあげたい?

マミさん

同じ年代だから自分がもらって嬉しい物を選んでもいいかなって思います。

アヤ

うん、そうだよね。わたしも自分が欲しい物を選ぶな。

マミさん

引き出しにしまわれないような物で、使いやすいものがいいよね。

江口

そうですね。自分では買わないけれど、もらって嬉しい物ってありますよね。
例えば、フォトフレームはインテリアになるので色やデザインは控えめな物が人気です。食器なら、柄ものは好みがあるからということで真っ白い食器か好まれます。またトレーは、アクセサリーを入れたり、お香を焚いたり、多目的に使ってもらえる物を選ぶ人も多いです。ただ、トレーって何に使ったらいいの?って人もいると思うんですが、BIPならストーリーカードが付いているので、使うイメージが膨らんで使ってもらえること間違いなし!
では3つのカテゴリーごとにもらって嬉しい引出物を選んでみましょう。

私たちがおすすめする引出物はコレ!!

親族、主賓の方へは・・・

みんなが選んだのはやっぱり大皿。
小さなものよりは、ある程度ボリュームと高級感のあるもの。
たくさん食器をお持ちの方にも、シンプルなデザインでどんなお料理にも合うお皿であれば、活躍度◎。

男性のご友人へは・・・

ビジネスマンなら大活躍しそうなアイテムと、
男性のお家に置いてあったら格好良さそうなグラスに分かれました。
どちらにしても、引き出しにしまわれることなく日常使いしてもらえそうなアイテムです!

女性のご友人へは・・・

みんなデザインと使いやすさ重視で選んでくれました。
ヨーロッパではおめでたい時にシルバーやゴールドを贈る習慣があるんだよ、とか、
プラチナがあしらわれてて『永遠の輝き=永遠の愛』を意味しているんだよ、など。
引出物選びのこだわりエピソードをお伝えしたら、女性なら喜びが倍増しますよね!

クミさん、マミさん、アヤさん

引出物選びのポイントはつかめましたか?

「引出物=お二人の人生最高の1日の証」となる物です。
いつまでも“あの時の結婚式は最高だったね”と思い出してもらうには、引き出しにしまわれてしまうような物ではダメですよね。
もらって嬉しい、いつでも使ってもらえる、そんな引出物を皆さんもぜひ選んでください!!

今回ご協力いただいたSHOP

ブライダル・イン・プロジェクト

ブライダル・イン・プロジェクト

東京都白金台4-19-21白金イガックスビル3F
TEL:03-6826-8877
営業時間:土曜・日曜 11:00-20:00
(平日&祝日の来店は承っておりません)
完全予約制
URL:http://www.bridalin.com/

BACK NUMBER
わたしにぴったりのドレス選び

vol.001

vol.002

vol.003

vol.004

世界一キレイにハッピーに輝けるヘア&メイク

vol.005

vol.006

vol.007

vol.008

ゲストが“嬉しい笑顔”になるギフト

vol.009

vol.010