『ペー 不倫!』の見出しでフライデーされたいもんだ ゲスト 林家ペー・パー子


仮面夫婦と言われたり、ありもしない離婚危機説を雑誌に取り上げられたり。
林家ペー・パー子夫妻の結婚生活を知る人は実は少ないのでは?
愉快で個性的な夫婦生活をぜひご堪能あれ!


んなこたなぁない。ちゃんとやることはやってますよ(笑)。

林家ペー
(Pe Hayashiya)
大阪府生まれ。林家三平門下に入門。
数年後、お笑いミュージシャンとして独立。数多くのバラエティ番組で人気者に。
趣味は有名人の写真を撮ること。また、1500人以上の有名人の誕生日を記憶するという特技を持つ。
最近では、結婚式へのサプライズゲスト出演サービスが好評。

林家パー子
(Pako Hayashiya)
東京都生まれ。
もともとは歌手志望だったが、その後林家三平に入門。
その縁で、兄弟子の林家ペーと結婚。
おそろいのピンクファッションで、テレビ、ラジオなどのバラエティ番組で活躍。

ウチは永遠に結婚8年 友達感覚なのが長続きの秘訣

ペー うちはもうね。結婚大経験者。長いですよ~。
野尻: どのくらいですか?
ペー

今年で丸8年。でも、気持ちは常に新婚。

野尻: エッ? 8年?
ペー そう。永久に、結婚8年なの。いつ聞かれてもそう。
野尻: 分かりました(笑)。
パー子 あたしね、彼のことお兄ちゃん、お兄ちゃんっていつも呼んでんの。
ペー 関係ない話すんなって(笑)。こちらさんの質問に答えてるんだからさ~。
パー子 キャッー(笑)。
野尻: 面白い夫婦だなぁ(大笑い)。
ところで、いきなり無礼な質問なんですけど、ペーさんパー子さんって実は職業上夫婦を演じているだけなんじゃないかって説があるんですけど……。
ペー そうね。ウチはね、昔からね、仮面夫婦だって言われてんの。
野尻: で、事実はどうなんですか?
ペー 仮面夫婦じゃないですよ。なんでそう言われるんですかね(笑)。
パー子 イヤ~。やってないけどぉ(照)。
野尻: でも、芸人の方って、普通、女性の出入りが激しかったりするでしょう?
ペー そうですよ。芸人の、7割方は女性が好きだね。僕らがいる林家三平一門でも、半分くらいは離婚してるんじゃないかな。うちみたいな夫婦は珍しいよね。 だからね、僕はおカマじゃないかって言われてんのよ(笑)。
パー子 違うのにねー。
野尻: しっかし、仲がいいなぁ。
パー子 うちはね、あんまり夫婦夫婦してないの。友達感覚なのがいいのかもしれない。
野尻: それでも長い夫婦生活で危機が訪れたことくらいあったでしょう? 二年前、週刊文春に離婚危機なんて書かれていましたよね。
ペー 離婚なんて夢にも思ったことないよね。でも、あのときは感激したね。文春に出られたんだから(笑)。
パー子 そうそう、近所のラーメン屋さんが「ペーさん、パーさん、エラいねぇ。文春に出て」って言ってたもんね(笑)。でもあれは、傑作だったね。お兄ちゃんが酒乱だなんてねぇ。ビール2缶くらいしか飲めないのに(笑)。
ペー 『ペー、不倫』みたいな見出しで今度はフライデーに載りたいもんだ。
   

浮気なんてあり得ない。 パー子に一目ぼれ?!

野尻: じゃあ、浮気は1回もなし?
パー子 この人はね、女の人にあんまり興味がないのよね。家ではいつもテレビ観ているか、帳面に物を書いているか、写真の整理しているか、どれかだもんね。
ペー 俺が面白くない奴みたいじゃね~か(笑)。
パー子 ほんとのことじゃない!
ペー ウチは子どもがいないから誤解されちゃうんだよね。営業上、「ペー・パー」で売ってるんじゃないかってね。でもね、そもそもウチらはコンビでもなんでもないのよ。僕は、林家三平師匠(故人)の付き人兼弟子だったんだけど、彼女が5年後輩で一門に入ってきたの。それで、たまたま、女将さんの命名で、「パー子」になったわけ。で、結婚して偶然「ペー・パー」になっただけなの。
野尻: へえ。そうだったんですか。
ペー そうなの。三平一門の兄弟弟子同士結婚したってだけのこと。まぁ、ある種、職場結婚だね。
野尻: ペーさんは、パー子さんの兄弟子だから、「お兄ちゃん」って呼んでるわけですか。
パー子 そうなの、そうなの。うちのお母さんがお兄ちゃんのこと気に入ってね~。
ペー そんなこたぁ、どうだっていいんだよ。今、出会いの話してんだよ(笑)。
パー子 キャッ~。ア~ハッハッ。
 
   
 
営業上の夫婦なだけで本当は仮面夫婦なんだと思ってました(笑)。
付き合っていたこと隠しておいて、突然、「結婚します」って言ったら師匠が腰抜かしたんだよ

パー子の母親がペーを気に入ったことが結婚のきっかけに

野尻: で、どっちが最初に惚れちゃったんですか?
ペー

(パー子を指して)こっちですよ。

パー子 ア~ハッハッ。ウソよ。私は、なんとも思ってなかったの。
ペー (照れくさそうに)当時のパー子は、今と同じ、ピンクの服ばかり着て、髪にリボンを付けててね。まるで『リボンの騎士』みたいだったの。
野尻: じゃあ、ペーさんはパー子さんの格好の真似をしたんだ。
パー子 ネ。付き合ってから髪型まで真似して。前は七三だったのに、パーマまでかけちゃってさ(笑)。
ペー (照れ笑い)。おや、パー子、今日はリボンしてないね?
パー子 最近はね、お花なの。ホラ、お花。
野尻:

あはは。ほほ笑ましいなぁ。それで、ペーさんがパー子さんに惚れて、パー子さんのお母さんがペーさんを気に入ったわけですね。

パー子

そうなの。母がお兄ちゃんを気にいちゃったの。天才林家三平が気に入ったあの人は只者じゃないって。それでね、見方が変わったんです。結局、お母さんの言うことは本当でしたね。この人、口は悪いけど、いい人なのよ。

ペー

いいお母さんでね。もう亡くなったんですけど。パー子にそっくり。

パー子

お兄ちゃんとは、本当の親子みたいに仲がよかったの。

野尻:

すぐに結婚したんですね?

ペー

そうなんですけど、結構時間がかかりましたね。師匠がうるさかったし。だからね、隠れて付き合ってたの。

パー子

ネ。

ペー

ある日突然、「結婚します」って言ったら師匠が腰抜かしたんだよね。

text : Rumi Sato

次回へ >>

photo: Shunsei Takei
  place: SHOTO GALLERY

back number
ゲスト 鏡リュウジ 心理占星術家 vol.7 星は何でも知っていた!
vol.8 何年かに一度の転機は、仮面を変えるとき
vol.9 「星占い」って、どうしてこんなに当たるの?
ゲスト 藤代冥砂 写真家 vol.10 妻へ宛てたラブレター君より長く生きたい
vol.11 子どもを産んだ瞬間に母性は花開く
vol.12 二人で一緒に年を取っていく幸せ
ゲスト 斎藤和弘 編集長 vol.13 男は「刷り込み」で結婚しているだけかもしれない
vol.14 年代や国によって結婚式や考え方はさまざま
vol.15 「子供が欲しい」願望は本能?
ゲスト 鈴木おさむ 放送作家 vol.16 愛を教えてくれた、君の瞳に恋してる!
vol.17 結婚生活は、マンネリにならないことが大事
vol.18 最初から結婚を意識して会うのはいいことです
ゲスト 林家ペー・パー子 芸人 zvol.19 『ペー 不倫!』の見出しでフライデーされたいもんだ!
zvol.20 結婚生活は、忍耐でも努力でも、辛抱でもない
zvol.21 出会いは運命。焦ったってしかたがない
ゲスト ピーコ ファッション評論家 zvol.22 うまくいっている時だけが恋じゃない
zvol.23 癌になって、いい人だと思われたいという考え方は捨てたの
zvol.24 自分が気持ちいいときは、周りにも幸せを与えている
ゲスト ピーター タレント zvol.25 仕事にのめり込むと、必ず一人の時間が必要になってくる
zvol.26 神経質すぎると結婚できないわよ(笑)
zvol.27 相手に気を遣い過ぎているうちは本当の恋なんてできないわよ
  野尻佳孝 (Yoshitaka Nojiri)
株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ 代表取締役社長
72年東京生まれ。大学卒業後、住友海上(当時)に入社。友達の結婚式に招かれた時、「自分の仕切る二次会の方が、断然面白い。だったら……」と、98年10月に同社を設立し、ブライダル業界に参入。たった1畳のオフィスからスタートし、ハウスウエディング市場を作り上げた


このページのトップへ