招待状の宛名の書き方や結婚式の慶事用切手

結婚招待状マニュアル 招待状
プレミアム招待状
プレミアム招待状
コレクション招待状
コレクション招待状
オリジナル招待状
オリジナル招待状
オリジナル招待状
オリジナル招待状

宛名を書いて切手を貼ろう!

いよいよ封筒に宛名を書きます。実は、宛名書きひとつとっても結婚式の招待状にはルールがたくさんあります。 宛名を毛筆で手書きしたり、慶事用の切手を使ったりと、そのルールはさまざま。正しいマナーで招待客のみなさんをお呼びしましょう。

宛名の書き方

結婚式の招待状の宛名書きは毛筆や筆ペンが良いとされています。自筆では自信がない人は、筆耕業者へ頼むと良いでしょう。
また、招待状のデザインにもよりますが、宛名と差出人は縦書き、または横書きと、文字の並べ方を揃えましょう。

  • 宛名の書き方
  • 宛名の書き方
  • 宛名の書き方
  • もし、封書に郵便番号欄がないときは、ここに書かれている位置に書きましょう
  • 切手の貼り方は、封書が横書きの場合は右上、縦書きのときは左上です
  • 差出人の名前と住所を書きます。もし、新郎新婦が差出人でひとつにし、その下にそれぞれの名前を書きましょう
  • 封書の宛名書きは毛筆か筆ペンが正式ですが、裏面の差出人は印刷したものが通常です
  • ひとつの家族で呼びたい人が3人までのときは、それぞれの名前+様とします

切手の貼り方

結婚式の招待状に貼る切手には、“寿切手”“慶事用切手”と呼ばれるものを使います。(郵便局で購入できます)
重さによって値段が変わるので、郵便局で重さを計った上で購入すると良いでしょう。本状用に80~90円が目安です。
定形外の招待状の場合は120円の寿切手はないので、通常の120円切手を貼ってください。
また、返信ハガキ用に50円の寿切手があります。

※慶事用切手とは結婚や出産という喜びや祝い事に使う切手のこと

ページTOP

ss