結婚準備「秘」How to ガイド

 ■ 両家の顔合わせ
 ■ 結納の取り交わし
 ■ 婚約指輪の購入
 ■ 会場探し
 ■ 衣装選び
 ■ ゲストのリストアップ
 ■ ハネムーンの検討
 ■ 新居探し
 ■ 招待状の作成
 ■ 引出物選び
 ■ 装花の検討
 ■ 料理・ドリンクの検討
 ■ 挙式スタイルの検討
 ■ 演出アイテムの検討
 ■ パーティー内容の検討
 ■ エステの検討
 ■ 結婚指輪の購入
 ■ 二次会の検討
 ■ ペーパーアイテム作成
 ■ 司会者打合わせ
 ■ ヘアメイクリハーサル
 ■ 両親衣装と着付け
 ■ 親族紹介の確認
 ■ 受付の依頼
 ■ BGMの選定

 ■ 新居へ引越し
 ■ 家具、家電の購入
 ■ お心づけ、お車代準備
 ■ 手配物最終チェック
 ■ 美しいポーズレッスン
 ■ 両親への手紙
 ■ 前日の心得
 ■ 内祝いとご挨拶
 ■ 新生活の手続きと届出
 ■ 親戚、ご近所付き合い
有賀明美 監修 ついに結婚準備のマニュアルが1冊の本になりました。
これさえあれば結婚準備のお悩みもしっかり解決!
イラスト/もと潤子
step5
美しいポーズレッスンをしよう!

挙式当日は、立つ、座る、歩くなどの花嫁の全ての動きにゲストの注目が集まります。 基本的なポイントだけでもマスターしておきましょう。

花嫁の動き

座る
背筋をまっすぐ伸ばし、脚は揃えてやや引き気味に。正面に対して少し斜めに構えて座ると上品に見えます。
椅子には浅く腰掛け背もたれには寄りかからず、こぶしひとつ分程度開けましょう。

椅子から立ち上がる
本番ではアテンドが椅子を引いてくれるので動作を合わせましょう。
前かがみにならぬように背筋は伸ばしたまま優雅に立ちましょう。

歩く
ドレスの内側を軽くけり出すようにして歩きます。
パニエごとつまむと歩きやすくなります。ブーケを持っている場合は左手で一緒にドレスをつまみます。
階段の上りでは前かがみにならないようにして一段ずつあがりましょう。
階段を下りるときはドレスのすそを踏まないようにドレスはやや持ち上げ気味にしましょう。

立つ
横から見たとき、耳、肩の中央、腰骨、くるぶしが一直線になるように。顎は少し引いて視線はやや斜め下にします。
背筋を伸ばして肩がいからないように気をつけましょう。。
新郎と並ぶときは新郎の半歩後ろに立ち、「ハ」の字になるように並びます。
ブーケを持つときはひじを少し横に張り、体と腕でひし形を作るようにすると美しく見えます。

和装の場合
基本的な注意点は洋装のときと同じです。新婦の目線はやや斜め下にします。
扇子は右手で持ち、左手を軽く添えます。


「お車代/お心付け」の質問・回答を見る


結婚準備室のおすすめ
両親への手紙 結婚準備BLOG

BACK
NEXT



1 > 2 > 3 > 4 > 5
このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社結婚準備室に帰属します。