結婚準備「秘」How to ガイド

 ■ 両家の顔合わせ
 ■ 結納の取り交わし
 ■ 婚約指輪の購入
 ■ 会場探し
 ■ 衣装選び
 ■ ゲストのリストアップ
 ■ ハネムーンの検討
 ■ 新居探し
 ■ 招待状の作成
 ■ 引出物選び
 ■ 装花の検討
 ■ 料理・ドリンクの検討
 ■ 挙式スタイルの検討
 ■ 演出アイテムの検討
 ■ パーティー内容の検討
 ■ エステの検討
 ■ 結婚指輪の購入
 ■ 二次会の検討
 ■ ペーパーアイテム作成
 ■ 司会者打合わせ
 ■ ヘアメイクリハーサル
 ■ 両親衣装と着付け
 ■ 親族紹介の確認
 ■ 受付の依頼
 ■ BGMの選定

 ■ 新居へ引越し
 ■ 家具、家電の購入
 ■ お心づけ、お車代準備
 ■ 手配物最終チェック
 ■ 美しいポーズレッスン
 ■ 両親への手紙
 ■ 前日の心得
 ■ 内祝いとご挨拶
 ■ 新生活の手続きと届出
 ■ 親戚、ご近所付き合い
有賀明美 監修 ついに結婚準備のマニュアルが1冊の本になりました。
これさえあれば結婚準備のお悩みもしっかり解決!
イラスト/もと潤子
step5
お心付け、お車代を用意しよう

結婚式当日にお世話になるスタッフの方々へ「本日は宜しくお願いします」という気持ちでお渡し するお金を「お心付け」といいます。また、主賓や乾杯のご発声の方や遠方から来てくれる親族や友人などの交通費や宿泊費を「お車代」という形で当日お返しをします。




お心付けを用意する方

お心付けは新郎新婦と両親がお互いに相手が渡すだろうと思い込んで結局誰も渡していなかったなんてこともよくあります。事前に話し合いをして、「誰に」「いくら」「誰が」渡すかを決めておきましょう。
お心付けをご用意する方は


会場責任者(支配人、キャプテン)

ウェディングプランナー

司会者

ヘアメイク、アテンド(介添人)

カメラマン

などが一般的です。 ただ、会場によってはお心付けはお気持ちだけで受け取れないというところもありますので、その場合は無理をしてお渡ししなくても問題ありません。
金額の目安は特に決まりはありませんが5000円~10000円が相場です。 袋の表書きには「御祝儀」か「寿」と書き、下に書く名前は両家名が基本ですが、花嫁だけお世話になるアテンドなどには新婦名だけを書きます。面倒でも筆ペンで書きましょう。

お車代を用意する方

お車代をご用意する方は

主賓の挨拶・乾杯のご発声をしてくださった方

遠方から参列してくれた友人や親族

会社の上司で交通費が発生する場合

などが一般的です。
主賓・乾杯をしてくださった方へはお車代として10000円程度包むか、引出物のランクを上げたり一品増やしたりしても良いでしょう。遠方からのゲストへはかかった交通費を全額負担するか、それが難しければ片道を負担します。 また、新幹線のチケットを事前に郵送しておく場合もあります。 宿泊が必要な場合は会場から近い場所でなるべくホテルは新郎新婦で用意しましょう。 尚、友人の場合はご祝儀を頂かない代わりに交通費は負担してもらうなどと事前に話をしておく場合もあります。
会社の上司へは会場に来るまでにタクシーを使ったりと交通費が発生している場合は実費相当 をお車代としてご用意しましょう。 袋の表書きには「御車代」、「御車料」、「寿」と書き、下に書く名前は招待した側の名前を書きます。 面倒でも筆ペンで書きましょう。

お心付け・お車代の準備

まずお心付けやお車代のお金は銀行などで新札に替えて用意しましょう。入れ物は結び切りの熨斗がついたご祝儀袋かポチ袋に入れます。大げさな飾りのついたものは避けましょう。 入れ方はお札の向きを揃え、お札の表側が正面を向くようにします。また、ポチ袋に入れる際は四つ折か三つ折にし、三つ折の場合は正面から見て右側が手前にくるように入れます。 袋は糊付けしても良いですが、後でまた袋を開ける可能性を考えてシールにするのがお勧めです。

お心付けを渡すタイミング

新郎新婦は当日は何かと忙しいものです。 お心づけを渡す役は事前にご両親にお願いしておくのが良いでしょう。 渡すタイミングは本来ならば披露宴終了後に「お世話になりました」という意味で渡すことになっていますが、帰り際は何かと慌しいので最初に「よろしくお願いします」という意味で披露宴前に渡してしまっても問題ありません。

お車代を渡すタイミング

お車代は受付担当者へ頼んで受付時にゲストへお渡しするのが一般的です。 受付担当者は「お2人からお預かりしております」と一言添えてお渡しします。もしくは、主賓や乾杯をお願いした方などにはご両親から迎賓時、披露宴歓談中、送賓時にお渡しして頂く場合もあります。


「お車代/お心付け」の質問・回答を見る


結婚準備室のおすすめ
両親への手紙 結婚準備BLOG

BACK
NEXT



1 > 2 > 3 > 4 > 5
このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社結婚準備室に帰属します。