結婚準備「秘」How to ガイド

 ■ 両家の顔合わせ
 ■ 結納の取り交わし
 ■ 婚約指輪の購入
 ■ 会場探し
 ■ 衣装選び
 ■ ゲストのリストアップ
 ■ ハネムーンの検討
 ■ 新居探し
 ■ 招待状の作成
 ■ 引出物選び
 ■ 装花の検討
 ■ 料理・ドリンクの検討
 ■ 挙式スタイルの検討
 ■ 演出アイテムの検討
 ■ パーティー内容の検討
 ■ エステの検討
 ■ 結婚指輪の購入
 ■ 二次会の検討
 ■ ペーパーアイテム作成
 ■ 司会者打合わせ
 ■ ヘアメイクリハーサル
 ■ 両親衣装と着付け
 ■ 親族紹介の確認
 ■ 受付の依頼
 ■ BGMの選定

 ■ 新居へ引越し
 ■ 家具、家電の購入
 ■ お心づけ、お車代準備
 ■ 手配物最終チェック
 ■ 美しいポーズレッスン
 ■ 両親への手紙
 ■ 前日の心得
 ■ 内祝いとご挨拶
 ■ 新生活の手続きと届出
 ■ 親戚、ご近所付き合い
有賀明美 監修 ついに結婚準備のマニュアルが1冊の本になりました。
これさえあれば結婚準備のお悩みもしっかり解決!
イラスト/もと潤子
step4
司会者と進行の打合せをしよう


いよいよ司会者との打合せです。 司会者は、結婚式の明暗を分ける非常に大切な役割だといえます。 司会者のしゃべり方やフォローコメントひとつで結婚式の雰囲気は大きく変わります。

プロ司会と友人司会

司会を誰にお願いするか、は頭を悩ませるところ。 プロにお願いする場合と友人にお願いする場合とはではそれぞれにメリットとデメリットがありますのでしっかりとそれらを把握した上で慎重に依頼をしましょう。


プロ司会の特徴
結婚式という場に慣れている為に、ハプニングが起きた時の咄嗟のフォローなどが出来るので安心。また、台本に頼らずにその場の雰囲気に合わせた臨機応変なコメントなど柔軟に動けるためにパーティーの流れの中で無音の「間」などが生まれることはありません。ただ、新郎新婦との付き合いが深いわけではないので、友人に比べると思い入れや感情移入の仕方はどうしても浅くなりがち。あくまでも打合せの中で聞いたエピソードなどをベースとした進行にります。プロに依頼する場合は、ありったけのエピソードを事前に伝えておくと良いでしょう。

友人司会の特徴
まず、結婚式の司会の経験がどれほどあるかが重要。初めての場合は緊張のあまり言葉が出てこないケースが多いので台本は必須。台本をベースにアレンジしてアドリブが出来れば良いですが、台本以外の言葉を見つける余裕がないと、「間」が空いてしまうこともしばしば。また、ゲストとして招待をする場合は殆どお食事を召し上がって頂けないと考え、後日何らかの形でお礼をする必要があります。ただ、新郎新婦との関係性は「友人」ということで、絶対的な信頼関係があり、ゲストも温かく見守ってくれる為、少々のとちりやミスは笑って許され、むしろアットホームな雰囲気が増す場合もあります。失敗も演出のうちと思えるのであれば良いでしょう。

POINT! 希望は細かく伝えよう
結婚式において、新郎新婦がしゃべるのは基本的に最初と最後です。 もし、パーティーの中で触れておきたい事柄、紹介して欲しい事柄があるのであれば、それらを先に司会者から紹介してもらうように伝えておきましょう。 例えば、「還暦を迎えた叔父様」や「高校受験に合格した甥」への祝福の言葉や 「リングピローを作ってくれたお姉さま」や「2人のキューピットである友人」への感謝の言葉 など、パーティーの進行には盛り込めない場合は2人の中座中や歓談中に司会者から紹介をしてもらうという形をとってもお気持ちは伝わるでしょう。


「席次表」の質問・回答を見る


結婚準備室のおすすめ
席次表マニュアル 花嫁ヘアスタイル ウエディングBGM 結婚準備BLOG

BACK
NEXT



1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9
このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社結婚準備室に帰属します。