結婚準備「秘」マニュアル

 ■ 両家の顔合わせ
 ■ 結納の取り交わし
 ■ 婚約指輪の購入
 ■ 会場探し
 ■ 衣装選び
 ■ ゲストのリストアップ
 ■ ハネムーンの検討
 ■ 新居探し
 ■ 招待状の作成
 ■ 引出物選び
 ■ 装花の検討
 ■ 料理・ドリンクの検討
 ■ 挙式スタイルの検討
 ■ 演出アイテムの検討
 ■ パーティー内容の検討
 ■ エステの検討
 ■ 結婚指輪の購入
 ■ 二次会の検討
 ■ ペーパーアイテム作成
 ■ 司会者打合わせ
 ■ ヘアメイクリハーサル
 ■ 両親衣装と着付け
 ■ 親族紹介の確認
 ■ 受付の依頼
 ■ BGMの選定

 ■ 新居へ引越し
 ■ 家具、家電の購入
 ■ お心づけ、お車代準備
 ■ 手配物最終チェック
 ■ 美しいポーズレッスン
 ■ 両親への手紙
 ■ 前日の心得
 ■ 内祝いとご挨拶
 ■ 新生活の手続きと届出
 ■ 親戚、ご近所付き合い
有賀明美 監修 ついに結婚準備のマニュアルが1冊の本になりました。
これさえあれば結婚準備のお悩みもしっかり解決!
イラスト/もと潤子
step3
二次会について考えよう


2次会は披露宴後に行う、より多くの友人や同僚を招待したカジュアルなパーティになります。

会場選びのポイント

まずは会場選びですが、披露宴会場からなるべく近い場所にするのが移動も楽です。 会場選びのポイントは料理、飲み物の内容、料金、そして忘れてはならないのが音響設備です。 また、披露宴後のお2人は何かと会場を出るまでにお支度やご挨拶で時間がかかるものです ので2次会スタート時間は披露宴担当者に相談して決めることをお薦めします。 また、立食は着席と違って場所をとらない為に、スペースが広すぎると閑散とした寂しい印象に なってしまいます。少し込み合っている印象の方が盛り上がりますので、会場を選ぶ際は 60名だったら80名規模の会場ではなく、50~60名規模の会場を選ぶことをお勧めします。

幹事を頼もう

結婚式の準備と二次会の準備を同時に進めるのはとても大変です。 まずは、2人で二次会の幹事を引き受けてくれそうな友人を検討して、依頼しましょう。 幹事が内容を決め、そのまま当日は司会まで引き受けることが多いので話し上手な友人に頼む のもポイントです。また、事前に幹事と二次会会場を下見して、スペースや音響設備などを確認しておくとより内容を決めやすくなるでしょう。

会費の設定

基本的に二次会は赤字が出ないようにとんとんで会費を設定するケースが一般的です。もし、ゲームなどで景品を出すのであればそれらの負担金額も踏まえた上で算出しましょう。 最近では男性と女性ではお酒を飲む量が違うという理由で若干会費に差をつける方も増えています。 また、披露宴から参列している人は会費を安くするなどの配慮も必要です。

二次会ギフト

二次会のお見送りの際にお越しいただいたゲストへの感謝の気持ちをこめて簡単なギフトを配る方が増えています。 二次会は引出物がない分、このプチギフトに少しお金をかけて500円~1000円前後のものを 用意されます。せっかくの2人の結婚記念ギフトですから2人らしさが滲み出るものがお勧め です。

幹事へのお礼

お世話になった幹事やスタッフにはお礼もきちんとしましょう。 二次会の幹事に関しては現金ではなく、商品券を渡したり会費を免除するなどの方法が失礼にあたりません。また、新婚旅行に行く場合にはちょっと豪華なおみやげを買ってきて渡すのもよいでしょう。


「二次会」の質問・回答を見る


結婚準備室のおすすめ
招待状マニュアル 引出物 演出 結婚式のキセキ
ゲストの楽しい
  結婚式
ブライダル
  スリミング
結婚モノマガジン

BACK
NEXT


1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10
このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社結婚準備室に帰属します。