結婚準備「秘」マニュアル

 ■ 両家の顔合わせ
 ■ 結納の取り交わし
 ■ 婚約指輪の購入
 ■ 会場探し
 ■ 衣装選び
 ■ ゲストのリストアップ
 ■ ハネムーンの検討
 ■ 新居探し
 ■ 招待状の作成
 ■ 引出物選び
 ■ 装花の検討
 ■ 料理・ドリンクの検討
 ■ 挙式スタイルの検討
 ■ 演出アイテムの検討
 ■ パーティー内容の検討
 ■ エステの検討
 ■ 結婚指輪の購入
 ■ 二次会の検討
 ■ ペーパーアイテム作成
 ■ 司会者打合わせ
 ■ ヘアメイクリハーサル
 ■ 両親衣装と着付け
 ■ 親族紹介の確認
 ■ 受付の依頼
 ■ BGMの選定

 ■ 新居へ引越し
 ■ 家具、家電の購入
 ■ お心づけ、お車代準備
 ■ 手配物最終チェック
 ■ 美しいポーズレッスン
 ■ 両親への手紙
 ■ 前日の心得
 ■ 内祝いとご挨拶
 ■ 新生活の手続きと届出
 ■ 親戚、ご近所付き合い
有賀明美 監修 ついに結婚準備のマニュアルが1冊の本になりました。
これさえあれば結婚準備のお悩みもしっかり解決!
イラスト/もと潤子
step1
両家の顔合わせをしよう

2人の結婚の意志が固まり、両家両親の承諾を得たら、早めに顔合わせの席を設けましょう。

最近の傾向
最近の傾向として、食事会を伴った顔合わせのみの形式をとるカップルが増えています。 とくに首都圏では、結納を行なわずに顔合わせのみ行なった人が全体の69%を占めています。








会場選びのポイント
会場選びのポイントは、落ち着いて過ごせるということです。レストランや料亭、ホテルなど個室があるところがお勧めです。また、双方の親が遠方から出向く場合は、中間点にすると片方だけ負担をかけずにすみます。会場を選ぶ際は、以下のポイントを重視してみましょう。
個室があって静か

ある程度の格式がある

スタッフのサービスが良い

料理がおいしい

両家からの距離が遠すぎない

費用が予算内である


ホテルやレストラン、料亭の場合
お互いにコミュニケーションをはかりやすい個室を予約するのがベスト。場所、予約等のセッティングは新郎新婦で行い、2人が両親を招待する形式にするのが主流です。予約時に両家顔合わせである事をお店の人に伝えておくと、お店側も色々配慮してくれるはずです。 また、両家顔合わせの際の費用は両家で折半となります。手土産などは相手に気を使わせてしまうので、あらかじめ話し合った上で、ご用意しなくても大丈夫です。 

相手の自宅に伺う場合
相手の自宅に伺う場合は、訪問する側は必ず手土産を持参します。お酒やお菓子、地方の名産品などの飲食物を持参します。顔合わせの時間によっては、お食事をご用意する事も ありますが、お茶のみで対応する事もあります。

両家顔合わせの流れ
全員揃ったら、一般的には男性側から両親を紹介します。親の挨拶は紹介を受けてから行いますが、緊張せずにリラックスして、和やかな雰囲気の中進めましょう。
1.始まりの挨拶
男性の父親、又は男性本人が挨拶します。
2.乾杯
進行役が乾杯の音頭をとります。
3.お互いの家族紹介
男性が両親を紹介し、その後両親が自己紹介をします。続けて、女性が両親を紹介し、その後両親が自己紹介を行います。
4.婚約記念品の交換
料理が出てくると会話が途切れるので婚約記念品の
交換はその前に行ないます。
5.お食事と歓談
食事をしながら和やかにお互いの家族構成や趣味や
今後のスケジュールについて話します。
6.本人達から挨拶
2人の挨拶で食事会を締めます。

お食事会の費用
費用は基本的には両家で折半することが多いようです。会場にもよりますがレストランなどの場合はひとり1万円程度が一般的です。

お食事会の日程
食事会は結婚式の6~3ヶ月前に行なうのが一般的です。日程はしきたりを重んじる場合は大安などの日柄の良い日を選ぶようにします。しかし最近は、日柄にあまりこだわらず、「仏滅でない土日」を選ぶことが多くなっています。日程は両家で話し合って双方の家族全員が都合のよい日を選ぶように配慮しましょう。

婚約記念品
婚約を交わす証としてお互いに贈る品物のことを婚約記念品といいます。最近は結納はせずに このお食事会の場で婚約記念品だけ取り交わすカップルも増えています。 婚約記念品は一生の記念になるものですから、長く使えるものを選ぶのがポイントです。

男性から女性へ
指輪、ネックレス、ピアス、ブレスレット、時計など

女性から男性へ
時計、スーツ、カフスボタン、パソコン、ゴルフ用品など

当日の装い
顔合わせ当日は、レストランや料亭など会場の雰囲気に合った服装を選ぶようにしましょう。 男性はスーツ、女性はワンピースやスーツなどセミフォーマルで出席することが多いようです。平服にする場合でも、あまりカジュアルになり過ぎないように注意しましょう。


お食事会に両親以外の兄弟や祖父母も呼んでいいの?
両家の家族の顔合わせですからもちろん兄弟や祖父母がいても大丈夫です。 時には親族が同席する場合もあります。お互いの家族構成を知る良いチャンスですからお食事会の人数を増やすのもひとつのアイデアです。
お食事中に会話が無くなってしまわないか心配…。
個室で少人数で2時間程お食事をする場合、後半になってくると会話が続かず沈黙となって気まずい雰囲気になってしまうなんてことも・・。顔合わせの前に互いの両親に事前にある程度の情報をお伝えしておくと話の種にも困らないでしょう。互いのことはもちろん、家族構成や両親の趣味などについても伝えておくと話が広がります。

【例】
家族の職業について
「何でもお兄様は高校教師をなさっていらっしゃるとか・・」

ご両親の趣味や今はまっているものについて
「お父様はご趣味で陶芸をされると伺いましたが・・」

ご両親の住んでいる場所の名産や土地柄など
「山形は○○で有名ですが…」


「結納」の質問・回答を見る


婚約指輪 結婚準備BLOG

NEXT


1 > 2 > 3
このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社結婚準備室に帰属します。