親族や親戚のための結婚式服装ガイド

ゲストのためのお呼ばれ服装マニュアル 親族編

ずっと繋がってきた親戚の内出を気持ちよく祝う

親戚

いとこや姪、甥の結婚式に呼ばれた場合、親族としてはどんな装いで出かければよいか悩みどころです。父母や兄弟姉妹のように「これ」と言ったルールはありませんが、周りの親族に一度相談して、統一感を出すとよいですね。

男性編
モーニングコート:
昼間の正礼装です。パンツとネクタイのストライプは、細めのものを選び控え目になるようにしましょう。
タキシード:
夜の正礼装で既婚の方にオススメです。
ディレクターズスーツ:
黒のジャケットとストライプのパンツを組みあわせたもの。既婚の方向けです。
フォーマルスーツ:
通称ブラックスーツ。未婚者の方やカジュアルな結婚式に参列される際に着用して下さい。
ダークスーツ:
濃紺やダークグレーの無地のスーツ。未婚の方やカジュアルなウエディングでの着用をオススメします。
紋付き羽織袴:
和装の正礼装。袴の縞は控えめに、そしてひだが入ったものを着用しましょう。
制服:
高校生以下の子どもで、制服がある場合はそちらを着用するとよいでしょう。
子ども用スーツ:
まだ幼い男の子にどうぞ。
親戚編 男性
ポイント
新郎新婦より目立ってはいけません。
お友達の結婚式に行く服装よりも改まった雰囲気を心がけるとベストです。
新郎新婦との関係性にもよりますので、それにあわせた装いをされるとよいでしょう。
年齢に応じた装いを心がけましょう。
最もフォーマルな黒革の紐靴で、足もとを引き締めましょう。
女性編
アフタヌーンドレス:
ドレッシーなワンピースやスーツをさし昼間の正礼装と言われています。ロング丈で、袖がついたものがオススメです。
イブニングドレス:
ネックラインが深くカットされ、背中が開いた袖なしのワンピースタイプのものをさします。夜の正礼装に。
カクテルドレス:
昼間のワンピースやドレスよりも華やかで、イブニングドレスほどフォーマルでないもの。セミフォーマルのドレスと言われ夕方から夜の披露宴にと幅広く使えます。
スーツ:
ビジネスや普段着とは違う、改まった雰囲気のものを。
ワンピース:
フォーマルな感じのものを年齢にあわせえて着こなしましょう。女の子であれば、レースやフリルがあしらわれたお出かけ着風のものが便利です。
黒留め袖:
既婚女性が着用する正礼装で五つの家紋入りの着物。
色無地:
黒以外の無地の紋付きの着物。「平服」と言われた際の和服に。
訪問着:
社交着として作られた着物。「平服」指定のカジュアルなウエディングに。
制服:
高校生以下の子どもさんであれば、制服でもかまいません。
親戚編 女性
ポイント
主役よりも控えめにオシャレを楽しみ、新郎新婦に花を添えましょう。
親戚として参加する際は、普段のおよばれよりも少し格式高く装ってください。
靴の基本はパンプスです。ヒールの高さは3センチ以上のものを選んでください。エナメルだと、華やかさも加わります。
昼間の披露宴では光り物のアクセサリーは避け、逆に夜であればきらびやかなものを身につけましょう。
たとえストールなどの小物であっても、白がベースになったものは着用しないようにしましょう。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

マニュアルトップ

ページTOP