兄弟姉妹のスーツやドレスの結婚式服装

ゲストのためのお呼ばれ服装マニュアル 親族編

兄弟・姉妹の新しい人生を祝福するファッション

兄弟・姉妹

長い時間をひとつ屋根の下で過ごしてきた兄弟、姉妹の結婚式。胸にこみ上げてくる思いも、また格別のものです。そんな兄弟、姉妹の新しい人生のスタートを、晴れやかな装いで祝福しましょう。

兄弟編
モーニングコート:
昼間の正礼装と言われる洋装。パンツのストライプは細めで、新郎よりも控えめになるものを選びましょう。ネクタイも同様、細めのストライプにしてください。既婚のご兄弟の方に。
タキシード:
夜の正礼装とされる洋装。既婚のご兄弟の方に。
ディレクターズスーツ:
黒のジャケットに、ストライプのパンツをあわせたもの。既婚のご兄弟の方に。
フォーマルスーツ:
ブラックスーツとも言われる。未婚者の兄弟の方や、カジュアルな結婚式に参列される際にどうぞ。
ダークスーツ:
濃紺やダークグレーの無地のスーツ。未婚のご兄弟の方や、カジュアルな結婚式で着用されると良いでしょう。
制服:
高校生以下のご兄弟の場合、制服があればそちらを着用してください。
子ども用スーツ:
まだ幼い男の子にどうぞ。
兄弟
ポイント
フォーマル向けの靴は、革製の黒の紐靴です。靴底がゴム製のものを選ぶ際は、ゴムだとわからない程度にしましょう。茶色の紐靴をはくのであれば、式場がレストランなど、格式ばらない結婚式で。
正装に使われるアスコットタイをつけることで、フォーマルスーツやダークスーツにフォーマル感が加わります。しかも簡単に結べるのでオススメです。
フォーマルな場には、パンツの裾がシングルのものを選んでください。
新郎新婦と年齢が近いご兄弟の場合は、ブラックスーツが無難です。
姉妹編
アフタヌーンドレス:
ドレッシーなワンピースやスーツのこと。ロング丈で、袖がついたものを選びましょう。昼間の正礼装として、既婚の姉妹の方に。
イブニングドレス:
ネックラインが深くカットされた背中が開いた袖なしのワンピースタイプのもの。夜の正礼装として既婚の姉妹の方に。
カクテルドレス:
セミフォーマルのドレス。昼間のワンピースやドレスよりも華やかで、イブニングドレスほどフォーマルでないもの。小物使いで夕方から夜の披露宴など、幅広い時間帯に使えます。
スーツ:
普段っぽさを感じさせない、品のよい雰囲気のものを。既婚・未婚問わず着用できます。
ワンピース:
未婚の姉妹であればフォーマルな感じのものを年齢によって選びわけましょう。女の子であれば、レースやフリルがあしらわれたお出かけ着風のものがかわいらしいですね。
黒留め袖:
和装の正礼装で、五つの家紋入りのもの。既婚の姉妹の方に。
振袖:
未婚の女性が着る正装の着物。
色無地:
紋付きの、黒以外の無地の着物。カジュアルなウエディングに参列する未婚の姉妹の方に。
訪問着:
すべての柄が続くように織られた、社交着用の着物。「平服」を指定したカジュアルなウエディングに参列する未婚の姉妹の方に。
制服:
高校生以下の子どもさんの場合は制服でもかまいません。
姉妹
ポイント
パンプスのヒールは太すぎないもので、3センチ以上のものがフォーマルです。
花嫁の色である“白”や、白っぽく見える装いをしてはいけません。
夜の披露宴では、昼間よりも露出は許されますが、深すぎるスリットは避けましょう。
アクセサリーも昼と夜では使い分けをするようにしてください。冠婚葬祭すべて装着可能なパールは昼向けですが、重ね付けをすると、より華やかな印象になります。夜であれば、ゴールドや宝石など、キラキラした印象のアクセサリーがオススメです。
未婚者の方は、年齢に応じた装いにするように心がけてください。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP