両親の結婚式服装を父親と母親に分けて写真で解説

ゲストのためのお呼ばれ服装マニュアル 親族編

大切な子どもという宝物の晴れの日は、親にとっても最高の一日

家族や親戚が結婚するときの服装に、戸惑った経験はありませんか? 息子さん、娘さん、兄弟に姉妹、そして親戚。大切なあの人の新しい人生が始まる日は、親族として品よくオシャレに装って、気持ちよくお祝いしましょう。

両親(父・母)

息子さんや娘さんの晴れの日だから、お父さんとお母さんも、おめかししましょう。新郎新婦に格をあわせながら、やや控えめに装えば問題ありません。洋装か和装かは、あわせなくても大丈夫ですので、ご自身の着やすいものを選んでください。

父親編
モーニングコート:
昼間の正礼装と言われる洋装。パンツのストライプは細めで、新郎よりも控えめになるものを選びましょう。ネクタイも同様、細めのストライプにしてください。
タキシード:
夜の正礼装とされる洋装。
紋付き羽織袴:
和装の正礼装。袴は控えめの縞と、ひだが入ったものを着用しましょう。羽織物と足袋、扇子は白いものを持つようにしてください。
フォーマルスーツ:
ブラックスーツとも言われる上下ともに黒のスーツ。新郎新婦も正礼装でない、カジュアルなウエディングや、ゲストに「平服」を指定した際に着用してください。
ダークスーツ:
濃紺やダークグレーの無地のスーツ。カジュアルなウエディングや、ゲストに「平服」を指定した際に着用してください。
父親編
ポイント
靴は黒の紐靴で、靴底まで革製のものをあわせてください。カジュアルなウエディングの際は茶色でも問題はありませんが、かっちりした感じは薄れてしまいます。
フォーマルスーツやダークスーツを着用する際、できればフォーマルに見せたい方は、結び方も簡単なアスコットタイを使うことをオススメします。
パンツの裾はシングルにしましょう。
お父様用モーニングレンタルは晴れ着の丸昌の紳士礼服
母親編
アフタヌーンドレス:
昼間の正礼装。ドレッシーなワンピースやスーツをさします。ロング丈で、袖がついたものを選びましょう。
イブニングドレス:
夜の正礼装に。ネックラインが深くカットされ、背中が開いた袖なしのワンピースタイプのものをさします。
ワンピース・スーツ:
普段っぽさを感じさせない、品のよい改まった感じのものを。ゲストに「平服」を指定した際や、結婚パーティーなどのカジュアルなウエディングの際に着用しましょう。
黒留め袖:
既婚女性が着用する和装の正礼装。五つの家紋入りのもの。
色無地:
紋付きの、黒以外の無地の着物。ゲストに「平服」を指定した際、和装を着るならこちらを着用しましょう。
訪問着:
すべての柄が続くように織られた、社交着として生まれた着物。「平服」を指定した際の和装として着用できます。
母親
ポイント
ヒールは3センチ以上の、品のあるパンプスをあわせましょう。
白やオフホワイト、ライトの加減で白っぽく見える色ものは避けましょう。
洋装の際、バッグは小型のパーティー向けのものを選びましょう。
和装の際、バッグは布製もしくはビーズがあしらわれた小型のものを持ちましょう。
和装のぞうりは、布製のものをはきましょう。バッグとあわせるとオシャレです。
アクセサリーは昼間ならパールやコサージュなど光らないものを、夜であれば、宝石など光るもので華やかに装ってください。
お母様用留袖レンタルは晴れ着の丸昌の留袖全国宅配レンタル
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP