パンプスやミュールなど結婚式女性の靴マナー

ゲストのためのお呼ばれ服装マニュアル 女性編

華奢なパンプスで完成!およばれスタイル

パンプス
「オシャレは足もとから」と言われるように、ココが押さえどころです! 意外に目立つ足もとを、キメの一足でしっかり引き締めましょう。
オススメ
ヒール:
3センチ以上の高さがあるものを選びましょう。細いヒールのほうが、スマートな印象です。
ストラップ:
ミュールを選ぶ場合は、ストラップ付のものにしましょう。歩いてもペタペタ音がしません。
素材:
ゴム素材のものは避け、革製のものを選びましょう。エナメル加工だとパーティーらしさもUPします。
パンプス
ポイント
ストラップのないミュールだと、良い印象をもたれない方もいらっしゃるので注意が必要です。
厚底サンダルは、パーティー向きではありません。
オープントゥはつま先が見えるため、結婚式の場にはふさわしくありません。
ブーツはロングであれ、ショートであれ、フォーマルな場では避けてください。
アニマル柄を選ばないようにしましょう。
革のオシャレなものでも、スニーカーは厳禁です。
天候や季節によっては“はきかえ”を
新郎新婦の門出の日、すっきりと晴れた青空を祈って目覚めると雨が降っていた…。なんてこともなきにしもあらず。せっかくおよばれしたのに、会場に到着するまでに足もとがびちょびちょ、ではヒンシュクです。そんなときは、会場でお気に入りの一足にはきかえましょう。はきかえた靴はクロークに預けてしまえばパーティーでもジャマになりません。同様にブーツがNGとされる冬場の披露宴でも、式場まではブーツでぬくぬく、到着したらはきかえてパーティーを楽しんでください。

※地方ごとに習慣の違いがあるため、まわりのゲストにも一度確認することをオススメします。

このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP