結婚式ワンピース/ストール/ボレロなど女性の服装

ゲストのためのお呼ばれ服装マニュアル 女性編

バリエーション豊富な女性ゲストスタイルを徹底解剖!

結婚式に呼ばれて楽しみな反面、さあ、何を着ていこうかしらと頭を悩ませるゲストさんも多いのでは? そこで、マナーと常識の観点から、およばれファッションの押さえどころをご紹介します。およばれスタイルのヒントがきっと見つかります。

cariru取材レポート

服装

ドレス・ワンピース
およばれ服の定番! とも言えるのがワンピースやドレス。袖があったりなかったり、丈が短かったり長かったり、デザインも多種多様です。着丈や袖、素材、カラーと、パーツごとにポイントをまとめました。
オススメ
着丈:
膝下丈くらいがベスト。
袖:
ノースリーブのドレスやワンピースを着用の際は、ストールを巻くなどのアレンジをしましょう。
素材:
シルクやサテン、冬であればベロアなどもオススメです。
カラー:
花嫁さんの特権である白やアイボリー、ライトの加減によって白っぽく見える色、そして喪服を連想させる黒は、トータルで使わないように注意。
ドレス・ワンピース
ポイント
昼の披露宴では、キラキラ光る素材を使ったドレス・ワンピースは避けましょう。
夜の披露宴では、昼間よりも露出は許されますが、深すぎるスリットは考えものです。
チャペルや神社など、正式な場での肩出しは避けましょう。
綿やニットといった普段着素材のもの、肌が透けるシースルーは披露宴向きではありません。
式のスタイルによっては、フォーマルすぎると逆に目立つことがあるので注意しましょう。
花嫁さんより目立たないよう、派手な格好は避けつつ、華やかに装いましょう。
パンツスタイル
ビシっとキメたいとき、ほかのゲストとはひと味違う装いをしたいとき。そんなときはパンツスタイルで出かけてみてはいかがでしょうか? 例えばトップスの色使いや素材に気を配ることで、十分およばれスタイルとして通用します。
オススメ
スーツ:
着回しがきくスーツをひとつ持っていると、いろんなシーンに対応できて便利です。
トップス:
レース使いなど、ドレッシーなシャツやノースリーブで華やかに。
パンツスタイル
ポイント
キャミソールやタンクトップなど、露出の多いトップスをあわせるのは避けましょう。
ビジネスライクなスーツスタイルにならないよう、細部まで気を配ってください。
男性は黒のスーツで参列することが多いので、女性はせっかくだからカラーバリエーションを楽しんで。
ストール・ボレロ
「これ!」とひとめぼれしたワンピースやドレスがノースリーブだったときにお役立ちなのが、ストールやボレロといった羽織もの。肌の露出を控えなければならない正式な場でさっとひと羽織りすれば安心です。肌寒いときも助かりますね。
オススメ
レースタイプ:
総レースのストールです。上から一枚羽織ると雰囲気がやわらかくなります。
うす型タイプ:
アクセサリー感覚で使える一枚。ラメ入りだと、シンプルなドレスも華やかな印象に。
大判ストール:
くるっと巻いてもよし、肩からひっかけるもよし。大判だからアレンジ自在です。
ストール・ボレロ
ポイント
二次会ではストールを外したりボレロを脱ぐだけで、手軽にイメージチェンジができます。
白のはおりものもステキですが、着席や写真撮影のときに目立つ可能性があるので気をつけましょう。
黒のドレスやワンピースで出席するときは、色ものをプラスしましょう。
ストッキング
しっかりファッションを固めたら、ストッキングもぬかりなく。ワンピースやドレスのすそからのぞくわずかな部分とは言え、油断は禁物です。ふだんよく着用しているものでも実はNGなストッキングはたくさんあるので、パーティーにふさわしいものを選びましょう。
オススメ
色:
肌なじみのよいベージュのシンプルなストッキングにしましょう。
素材:
ラメ入りだと、足もとも華やかに。
ポイント
素足は基本NGですが、カジュアルなパーティーでどうしても生脚がいいという方は、脚用ファンデーションを使うなどのひと手間をかけましょう。
なかにはラメを好ましく思わない方もいらっしゃるので、節度をわきまえて。
黒のストッキングは喪服を連想させるので、身につけないようにしましょう。
カラータイツはフォーマルの場では避けましょう。
派手な編みタイツはふさわしくありません。
年代別パーティードレスチェック
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP