男性のための結婚式の靴のマナー

ゲストのためのお呼ばれ服装マニュアル 男性編

ホンモノのオシャレは、靴だってぬかりない

足元は黒の革靴なら間違いない、と思いがちですが、実は紐靴がフォーマルと言われています。だからと言って、紐靴なら何でもいいというわけではありません。しっかりおさえて、およばれにふさわしい足もとで出かけましょう。
オススメ
ストレートチップ:
つま先の切り替えが一文字になったシューズ。ドレッシーで最もフォーマル向きです。切り替え部分にメダリオンと呼ばれる穴がないものほど、フォーマル度が高くなります。
プレーントゥ:
靴の基本形。つま先に飾りのないシンプルなシューズ。ストレートチップの次にフォーマルと言われています。
ウィングチップ:
つま先の切り替えが翼のようなW型になっているシューズ。ダークスーツなどにあわせてもOKですが、フォーマル感が薄れるので、注意が必要です。
靴
ポイント
正礼装にあわせるオペラパンプスのように、エナメル加工の革靴だとより一層華やかになります。
靴底はゴムではなく革のものを選ぶか、外から見てゴムに見えないものを選びましょう。
平服の指定がある際は、茶色の革靴でも問題ありません。
革製の紐靴といえど、スニーカーは厳禁です。気をつけてください。
ローファーなどのカジュアルなデザインの革靴は避けましょう。
当日はしっかり磨くこともお忘れなく!
地方ごとに習慣の違いがあるため、まわりのゲストにも一度確認することをオススメします。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP