結婚式服装-ネクタイ/ポケットチーフ/靴下

ゲストのためのお呼ばれ服装マニュアル 男性編

ネクタイやチーフが、もっとオシャレなオトコを作る

小物

ネクタイ
胸元を飾るネクタイは、男性ならではのファッションアイテム。うまく取り入れて、ビジネスシーンとは違う華やかな装いを心がけましょう。
オススメ
白orシルバーグレー:
一般的に正装時に選ぶ色と言われています。幅広い年齢層の方が参加するウエディングや、格調高い式の際はこれでビシっと決めましょう。
白×黒のストライプ:
昼の正装、モーニングコートとあわせられているネクタイ。ブラックスーツとあわせると、よりフォーマルに。ダークスーツにもどうぞ。
その他ネクタイ:
平服を指定されたときは、シャツの色と上手にコーディネートしましょう。あまりにも派手な色や柄ものは避けてください。
ネクタイ
ポイント
いくら柄が入ったネクタイでも、黒ベースのものは避けましょう。
ネクタイとポケットチーフの色を揃えると、よりオシャレ度がアップします。
そのまま二次会に参加するときは、ネクタイをはずしてポケットチーフ代わりに使ってもオシャレです。
その他タイ
ネクタイじゃないもので、個性を出したい! と思うなら、タキシードやモーニングコートのタイをスーツスタイルに応用してみてはいかが? フォーマル度もアップする、上級テクニックです。
オススメ
アスコットタイ:
モーニングコートとあわせられるタイ。結び方も簡単で、ブラックスーツにあわせると、フォーマル感がアップします。その割りに値段も手ごろなところがオススメです。
ボウタイ:
元来タキシードにあわせるもので、蝶ネクタイとも呼ばれる。ブラックスーツとあわせれば、まるでタキシードを着ているかのように見えます。
その他タイ
ポケットチーフ
スーツの胸元にあるポケットにチーフを挿して、ワンポイントのオシャレを楽しみましょう。カンタンで手軽だから、普段のスーツスタイルにも応用がききます。
オススメ
素材:
麻・絹が主流。絹がもっともポピュラーなポケットチーフです。
色:
白が正礼装、次いでシルバーグレーの順。ダークスーツ着用の際はタイの色にあわせたポケットチーフを挿しましょう。
ポケットチーフ
ポイント
綿のポケットチーフは普段使いのため、およばれの席向きではありません。
ダークスーツ着用の際につけるネクタイが、多色をつかったものであるときは、どれか一色とあわせるようにしましょう。
カフリンクス(カフスボタン)
袖口が二重になったダブルカフスと呼ばれるシャツを着て、カフスをつける。手を伸ばしたとき、ジャケットの袖口からちょっとのぞくカフリンクスは、男性にオススメのアイテムです。普段カフスをつけなくても、およばれの席だからこそ、そんな粋なオシャレを!
オススメ
プラスチック製、チェーン式、紐式のもの以外をつけましょう。このルールを守って、自分なりのセンスで楽しみましょう。
パンツスタイル
靴下
「パンツの裾が靴にかかっているから大丈夫」なんてうっかりしがちな靴下だけど、実は座ったときには丸見えになる部分! 隠れた部分こそ、ぬかりなく。
オススメ
黒で決まり! カジュアルなパーティーでダークスーツを着用するときなどは、スーツの色に合わるとよりオシャレです。
※地方ごとに習慣の違いがあるため、まわりのゲストにも一度確認することをオススメします。
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOPs