結婚式スーツ/シャツなど男性の結婚式服装ガイド

ゲストのためのお呼ばれ服装マニュアル 男性編

およばれの場でも、ビシっとキマるオトコになる!

プライベートでは個性を生かしたファッション、そしてビジネスシーンではスーツ姿もばっちりな男性の皆さん、結婚式や披露宴など、およばれの場ではどうですか? いつもお決まりのパターンに落ち着いて、なんて方も多いのでは? マンネリ打破して、パーティーでもデキる男を目指しましょう。

服装

スーツ
およばれの席では、スーツで出かけること、つまりジャケットを着用することが大前提。ですがスーツとひと口に言えど、実はバリエーションも豊富です。一着お気に入りがあると、急なおよばれでも便利ですよ。
オススメ
フォーマルスーツ:
冠婚葬祭用に作られた黒のスーツ。ブラックスーツとも呼ばれています。一着持っているとあらゆるシーンで着まわしが利き便利です。ダブルでもシングルでも可。
ダークスーツ:
無地の濃紺、ダークグレーのスーツ。ある程度かしこまった席に対応できます。
カジュアルスーツ:
上下そろいのスーツ。レストランウエディングなどのカジュアルなパーティーに。
ジャケットスタイル:
「平服で」と指定があった夜のおよばれに。ジャケットとパンツの色はあわせなくてもOK。
スーツ
ポイント
パンツの裾はシングルを選ぶのがフォーマルスタイルの基本です。
カジュアルなウエディングでも、ビビッドカラーのスーツは下品になってしまうためNG。
平服を指定された夜のおよばれでは、「ちょっと派手かな?」くらいでも大丈夫です。
ダークスーツを着用の際は、ビジネスライクにならないよう、小物やシャツに気をつけましょう。
シャツ
スーツのインナーとして欠かせないものがシャツ。白のシャツであれば無難ですが、せっかくなのでオシャレを楽しみたいもの。一枚ベストをはさめば、ぐっと印象が変わります。パーティースタイルによっては、カラーシャツで雰囲気を変えてもステキです。
オススメ
白シャツ:
定番のフォーマルスタイルに欠かせない一枚です。
カラーシャツ:
スーツの色と合っていれば、何色でも大丈夫。黒は全体的に重くなるので避けましょう。
襟:
いわゆる「Yシャツ」のような、レギュラーカラーのものが一般的。個性を出すなら、ウィングカラーのシャツをあわせてみましょう。
ベスト:
フォーマルスーツを着用の際に、グレーかシルバーグレーのベストを挟むとより華やかに。
シャツ
ポイント
ノーネクタイの場合は、襟元のデザインにまでこだわったシャツでドレッシーに装ってください。
胸元まであいたシャツはだらしなく見えるのでNG。品よく首元が開いたイタリアンカラーのシャツにするなど気を配りましょう。
カラーシャツもド派手なものは考えものです。あくまで常識の範囲で着用してください。
正礼装や準礼装について
正礼装とは昼間に着用するモーニングコート、夜に着用する燕尾服やタキシードのことを指します。これらは格式高いパーティーの主賓やホストが着用する服装のため、ゲストのみなさんは自分が結婚するか、身内が結婚するときまでお楽しみに。
準礼装とは、ディレクターズスーツやブラックスーツのこと。ディレクターズスーツとは、黒のジャケットに、ストライプのパンツをあわせたものです。親族として出席する場合はこちらにチャレンジして、一般のゲストとは違った雰囲気をかもし出してみては?

※地方ごとに習慣の違いがあるため、まわりのゲストにも一度確認することをオススメします。

パーティーに華を添える列席衣装は晴れ着の丸昌の宅配レンタル
このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP