結婚式服装を男性&女性別で服装マナー

ゲストのためのお呼ばれ服装マニュアル マナー編

結婚式に招待されたゲストのみなさんがおさえておきたいポイント

女性編

新婦よりも目立たない服装を
これは、基本中の基本です! 主役は新婦だということをお忘れなく。
白以外のドレスを着用。黒の多用もNGです
花嫁さんの色=白と、喪服を連想させる黒のトータルコーディネイトは避けましょう。
肌は露出しすぎない。肩だしドレスにはストールを
新郎新婦のご親族や会社の方をびっくりさせない程度の肌見せで!
派手すぎ、地味すぎ。行き過ぎメイクは禁物です
パーティーシーンを意識したメイクを心がけましょう。ノーメイクはマナー違反です。
足もとはナチュラルに靴はフォーマルに
ストッキングはナチュラルカラーを。ミュールやオープントゥなど、カジュアルな印象を与える靴は避けて。

男性編

新郎よりも目立たない服装を
これは、基本中の基本です! もし、和装を取り入れる際は、新郎や両家の父親が着用の五つ紋黒羽織袴などは着てはいけません。
フォーマルウェアから外れない着こなしを
裾がダブルのパンツはNGです。ブラックのフォーマルスーツが一般的。
黒いネクタイはNG!
たとえ柄入りでも黒は避けましょう! モノトーン好きのアナタ、要注意です。
清潔感あふれるヘアスタイルでキメよう
ボサボサ頭や無精ひげなどは禁物。
白い靴下、スニーカーはNGです!
靴下は黒かスーツにあわせた色を。いくらブランドものでもスニーカーはカジュアルすぎます!

親族編

ご両親は新郎新婦よりも目立たない服装で格をそろえましょう
上品で落ち着いた着こなしを心がけ、娘さんや息子さんのスタイルにあわせましょう。
和装・洋装はお好みで
新郎新婦が洋装だからと言って、ご両親もそれにあわせなくても大丈夫です。
式の前に、必ず袖をとおすこと
体型が変わっていて着られなかった! が当日発覚では間に合いません。
親族は一度親族内でご相談を
親族の服装にばらつきがあっては、心から楽しめないかもしれません。事前に打ちあわせされることをオススメします。

共通編

新郎新婦よりも控えめに、かつ、華やかに
主役の新郎新婦を引き立てつつ、華美さを意識したオシャレをしてください。
象徴的な“黒”の使い方は避けましょう。
男性なら黒のネクタイ、女性なら黒のストッキングやブラックパールは使わないように。
キーワードは清潔感!
髪型やメイク、肌の露出には、普段よりも意識して。
パーティーシーンに応じた装いを心がけましょう
カジュアルスタイルのウエディングも増えていますので、会場ごとに着こなしを分けるとよりステキです。
和装は和装のルールに従って
柄の季節感や、既婚者用、未婚者用と細かなルールがあるので、着用の場合は要注意。
「平服」って言われたら…
正装じゃなくて大丈夫ですよ、という意味です。この場合、着物やロングドレス、タキシードやフォーマルスーツなど、いかにもパーティー向けの衣装で出かけると逆に浮いてしまう場合があります。よそゆきの服装で、しっかりオシャレして出かけましょう。普段着がOK! と言われているわけではありませんので要注意。

※地方ごとに習慣の違いがあるため、まわりのゲストにも一度確認することをオススメします。

このページを見た方はこんなページも見ています。
教えて 結婚式

ページTOP