恋愛&結婚アンケートでみんなのホンネを徹底リサーチ

徹底リサーチ みんなのホンネ研究所

今回の調査テーマ
vol.4 結婚相手に求める条件は?
今ドキ男女の理想の結婚観とはどんなもの? 今回は“結婚相手に求める条件”にまつわるみんなのホンネを徹底リサーチ!
アンケートにこたえる
只今の調査テーマ「準備中」
Ques.01

男性が女性に求める! 結婚相手への条件は?

愛情
20.1%
優しさ
16.3%
価値観が合う
14.5%
思いやり/誠実さ
10.6%
健康
8.8%
時間の使い方/金銭感覚
8.6%
ルックス/包容力
6.9%
家族構成/仕事への理解・協力
4.9%
面白さ/収入・経済力
4.7%
特に条件はない
4.6%

「男性が女性に求めたい結婚相手の条件は?」という問いに対して、トップ3にランクインしたのは、1位「愛情」(20.1%)2位「優しさ」(16.3%)3位「価値観が合う」(14.5%)と、どれも内面を重視したもの。「価値観が同じ人と、ずっと良きパートナーとして生きていきたいから」(31歳・男性)「思いやりがあって誠実な人なら、自分の家族を生涯で一番大切にしてくれそうだから」(22歳・男性)という意見にもあるように、仕事で疲れて帰ってきたときにも「愛情」や「優しさ」をもって、精神的な安らぎを感じさせてくれる家庭的な人や、「価値観」が合い、生涯気を遣わずにずっと一緒に歩んでいける人を望む傾向が強いことが判明。

Ques.02

女性が男性に求める! 結婚相手への条件は?

愛情
20.8%
誠実さ
17.0%
思いやり
16.2%
収入・経済力
12.1%
優しさ/価値観が合う/金銭感覚
9.1%
包容力
5.9%
健康
5.0%
時間の使い方/共通の趣味
4.9%
学歴や家柄/家庭的/将来性
4.7%
相手の家族との相性
4.3%

「女性が男性に求めたい結婚相手の条件は?」という問いに対して、トップ3にランクインしたのは、1位「愛情」(20.8%)2位「誠実さ」(17.0%)3位「思いやり」(16.2%)と、男性に同じくやはりどれも内面を重視した傾向に。ただ女性の場合、4位が「収入・経済力」(12.1%)と、結婚相手にプラス「経済力」を求めていることが明らかに。その理由は「結婚とは生活。愛があればって言うのは根本的に大切ですが、安定した収入があってこそ生活できる」(34歳・女性)「彼氏なら最悪フリーターでも付き合えるが、結婚相手となると論外!生活の安定と性格が合う人がいい」(25歳・女性)と、どれも現実的。中には「職場のおじさんに『結婚するなら安定した職業の人が良い。金がないと幸せになれない』と言われたので…」(29歳・女性)なんていう意見も。家庭を守るだけあって女性はやはりシビアですね。

その条件を選んだ理由を教えて!

  • 「愛情は何よりも大切だと思う。一度結婚直前に裏切られたことがあり、誠実さは必須」(32歳・女性)
  • 「どんなにお金があっても、お金で買えないものもある」(27歳・女性)
  • 「他人同士が一緒に家族になる上で、お互いの理解と思いやりが必要だと思う」(29歳・女性)
  • 「二人のコミュニケーションが一番大事。その次に、生活安定のため収入に合った金銭感覚が必要」(28歳・女性)
  • 「優しさや家事への理解も必要だと思う!結婚してもバリバリ働きたいから」(25歳・女性)
  • 「どんなに愛し愛されている関係でも、金銭感覚の違う人との生活は考えられない」(27歳・女性)
  • 「末永く一緒に過ごすためには、お互いにとって安心や安らぎが必要不可欠だと感じたから」(22歳・女性)
  • 「趣味は一緒に楽しめることがあると会話も増えると思うから」(24歳・女性)
  • 「見た目は重要! かっこいいとか悪いとかではなく、性格は見た目に出るから」(34歳・女性)
Ques.03

先輩カップルに聞きました! 結婚を決めた相手は、理想に合っていた?

理想的だった!
36.8%
まあまあ理想的
57.9%
あまり理想的でない
5.3%
理想とは違った
0%

ズバリ、先輩カップルに質問! 「結婚を決めたお相手は、あなたの理想の条件に合っていましたか?」という問いでは、約94%の人が「理想的だった!」「まあまあ理想的だった」と感じているという結果に。その理由は、「お互いの意見が合わない時でも、歩み寄る努力をしてくれる。私の欠点も個性だと受け止めてくれる」(29歳・女性)「この人といれば『安心できる』『理想的な家庭環境を構築できる』と感じているから」(29歳・男性)といった、「お互いを尊重し合う気持ち」や「安心感」。また、「家事を分担してやってくれる」(32歳・女性)「優しくて仕事も頑張ってくれる。家でも洗い物をしてくれるし、うれしいです」(22歳・女性)のように、「家事を協力してくれる」という意見が多く見られました。
一方、「あまり理想的でなかった」理由としては、「一人暮らしが長かったので、家事を分担してくれると思ったが、結婚した途端何もしてくれなくなったので」(35歳・女性)「私の方が仕事の帰りが遅いのですが、料理ができない旦那さんなので少し大変な時もある」(26歳・女性)と、家事についての意見が多数。女性が社会で活躍する時代になり、結婚後も共働きを希望する女性が多くなってきたここ最近、男性には経済面だけでなく、家事への協力も求められているみたい。

今回のリサーチ報告

気になるみんなの結婚観についてリサーチした今回、男女ともに共通して望むものは、「愛情」や「思いやり」といった内面性。とくに男性は「安心」「家庭」というキーワードが目立ったことから、男性が女性に求める条件の2位に上がった「優しさ」イコール「母性」とも受けとれるのでは? また、女性の「誠実」には「以前付き合った男性から酷い別れ方をされ、やはり誠実な人がいいと思った」(29歳・女性)といった過去のつらい経験からの切実な答えも多数見られ、イコール「浮気をしない」という意味も込められているのかも。
さらに、「仕事も家庭も上手にやりくりしたい」(35歳・女性)というように、今回意外にも多かった意見が、女性の共働きを希望するものでした。ただ、共働きをする上で「相手の理解・協力は必要不可欠」(24歳・女性)と求めるものの、「金銭面はやはり子供のことや将来を考えると、自分以上の年収は絶対欲しいし、多ければ多いほど魅力的かも」(24歳・女性)というように、やっぱり経済面の大黒柱は男性と感じているよう。今後一緒に暮らしていく上で、不自由しない程度の「ほどほどの経済力」(35歳・女性)は欲しいと願う女性側の現実的な意見も目立ちました。
ひと昔前は、3K(高収入・高学歴・高身長)が理想の結婚相手とされていたけれど、ここ最近は精一杯の「愛情」を持って接してくれる、「仕事にも理解のある」「家事にも協力的」な、「安定した収入」のある男性が、新しい結婚相手の理想像として求められているのかも。男性陣、頑張って!

ページトップ