花嫁のブーケを大切な“あの人”へ

花嫁のブーケを大切な“あの人”へ

お嫁に行くからこそ結婚式の想い出の品を贈りたい

お母さん。それはあなたにとって一番近くて頼りになる存在。あなたを産み、お父さんと一緒に誰よりも深い愛で育ててくれた大切な人です。お嫁に行くあなたのことを考えると嬉しい反面、少しさみしい気持ちもあるはず。そんなお母さんに、結婚式であなたの手にずっと握られていた大切な花嫁のブーケを贈ってみては?
といっても生花のブーケは結婚式の数日後には枯れてしまい、ちょっと残念。だったら結婚式当日の美しい姿のままに保存できるよう、ブーケを加工するのがイチバン! このサービスを提供しているのは、ブーケ加工を専門に取り扱っている『Xing(シン)』。高い技術力とセンスを持ったアーティストがブーケを丁寧に分解、一輪一輪に特殊加工を施し、元のブーケのイメージのまま専用の入れ物にセットしてくれるんです。丸型や円筒型、ベル型などのボトルタイプや、立体のブーケを額の中に入れる立体額タイプなど、お好みの入れ物をセレクトしてみて。
これからはお嫁さんの先輩でもあるお母さんに、カレのことや子どものことなど、いろいろ相談することも多いはず。「これからもよろしくね」という気持ちを込めて贈りましょう!

テーブルの上に飾りやすい丸型はボトルタイプの中でも人気商品。

壁にかける立体額タイプは新郎のブートニアも一緒に飾れることから、自分用にしてもよさそう。

バックナンバーを見る

ページトップへ