招待状にも、“サプライズ”を!

ウエディング、裏マニュアル vol.2 招待状にも、“サプライズ”を!
“楽しさ”あふれる招待状を届けよう!

突然ですが、結婚式の招待状に、“ワクワク感”をプラスする方法、知っていますか?

結婚式の招待状は、ふたりからゲストへ届ける、初めてのしあわせ報告。そんなしあわせ報告に、最近は“ふたりらしさ”を求める人が増えてきているのだとか。でも、「手作りの招待状を作ってみよう!」なんていざウエディンググッズ売り場に行ってみると、「紙の種類だけでもこんなにあるの!?」なんて思わずしりごみしちゃったり。「う~ん、大変そう…」なんて思ううち、発送日がせまってあたふた! なんて失敗談を耳にすることも。

そこで、今回はムリなく簡単に、そしてちょっとした“ワクワク感”をゲストにお届けできる、「楽しい招待状の作り方」をご紹介します!

「う~ん、結婚式が待ち遠しい!」と感じてもらえるような“楽しい招待状”を贈ろう!

プラスワンで、グッとふたりらしく!

さぁ、みなさん、準備はいいですか?
ムリなく簡単に作れる“楽しい招待状の作り方”講座のはじまりです!

1.ふたりの写真を、プラスワン!

まずは、ポラロイドカメラを用意しましょう。準備はたったそれだけ。あとはパシャリ! パシャリ! とゲストの人数分だけ、ふたりの写真を撮りましょう。グッとふたりらしい招待状にする方法。ひとつめは、“ふたりのポラロイド写真”をプラスすること。
「じゃあ、つぎはこんなポーズで! そのつぎは、こんなポーズはどう!?」なんて、きっとふたりで思いっきり笑いながら準備を楽しむことができるはず。さらに、ゲストのみなさんにもふたりの素顔を知ってもらえるチャンスにも。
友人ゲストには、ふたりのプロフィール入りの笑える写真をプラスして、より楽しげな雰囲気を伝えてみてもいいかも!

2.“消しゴムスタンプ”を押して、ふたりらしさをプラス!

“消しゴムスタンプ”って、覚えていますか? そう、消しゴムに好きな絵を書いて、その線をなぞって彫るだけの、簡単スタンプです。グッとふたりらしい招待状にする方法。ふたつめは、“消しゴムスタンプ”を作ること。手作りしたスタンプを、招待状の封筒やカードにポン! と一押しするだけで、グッとふたりらしさが生まれるんです。
例えば、みんなに感謝のキモチを込めて、「ハートをテーマにした結婚式をしたい!」 なんていうふたりなら、“ハートのスタンプ”を作ってポン! 結婚式当日、パーティーのあらゆるところにテーマのハートがちりばめられていたとしたら、「あ、そういえば、招待状にもかわいいハートのスタンプが押してあった!」なんて気づいてくれるゲストが必ずいるはず。
お手軽で簡単なのに、オリジナル感があふれる“消しゴムスタンプ”。ふたりの結婚式のテーマをスタンプにして、世界でたったひとつだけのオリジナル招待状を作ってみて!

3.“紙ふぶき”を同封して、ハッピーサプライズ!

ふたりで一緒に写真を撮って、ふたりだけのオリジナルスタンプを作ったら、最後に“紙ふぶき(コンフィッティ)”をほんのひとつかみだけ同封してみて。「あ、招待状が届いた!」なんて思いながら開けた瞬間、パラパラっとハッピーな“紙ふぶき”が舞い上がれば、プチハッピーサプライズの大成功!

パーティーグッズコーナーに行くと、ハート型や四つ葉のクローバーなどかわいい紙ふぶきがいっぱい。例えば、スキューバダイビングが好きなふたりならば魚の形、スノーボードが好きなふたりならば雪の結晶なんていうように。ふたりの好きなものや結婚式のイメージに合わせて、ふたりにぴったりのキュートな“紙ふぶき”をセレクトしてみて!

招待状に必要なもの(※)だけをお届けするのは、ちょっと味気ないかも。そんなときは「かわいい!」と思えるアイテムをプラスしてみて。遊びゴコロあふれる招待状に、思わず笑みがこぼれてきそう!

招待状を開けた瞬間、こんなキュートな紙ふぶきがパラパラっと舞ったら、思わずテンションもUPしそう!

結婚式当日につづく“遊びゴコロ”を贈ろう!

さらに当日の結婚式にも、“遊びゴコロ”をプラスできる、とっておきの招待状アイテムがあるんです。それは、招待状にプラスして、ふたりらしさあふれる“チャーム”を封入する方法。あわせて、「披露宴にぜひ付けてきてね!」とメッセージを添えてみて。

結婚式当日はきっと、ゲストみんなのバッグや腕にキラリとおそろいのチャームが光るはず。さらに、テーブルごとにチャームを変えてみると、「今日は同じテーブルですね!」なんて、初めて同士のゲストでも、おそろいのチャームをきっかけに思わず会話がはずむかも! また、チャームのほかにも、バッチやシールなど、ふたりらしさと気持ちが込められているアイテムであればなんでもOK! なにより“おそろい”のアイテムを身に付けることで、みんなの気持ちがひとつに。さらには祝福モードがグン! とUPすること間違いなし!

というわけで、今回の「楽しい招待状の作り方」講座は、ここでおしまい。みなさん、いかがでしたか? こんなふうに、ちょこっとアイディアをプラスするだけで、招待状にもグン! とふたりらしさがUP。さらには、結婚式当日の気分を一気に盛り上げる“遊びゴコロ”もお届けすることができるんです。

「でも、もう会場で用意されている招待状があるから…」なんていうあなたも大丈夫。なぜなら、ふたりらしいアイテムをプラスするだけだから。ご挨拶文や地図など、会場で用意されている印刷物もどんどん利用して、ムリなく楽しく準備を進めていきましょう。なにより大切なのは、「みんなを楽しませたい!」という気持ち。これだけは、お忘れなく。

結婚式が待ち遠しくなうようなワクワク感を、大切なあの人に届けたいから。

「さぁ、胸躍るふたりの結婚式へ、ご招待しましょう!」

リボンチャーム

本来は魔よけやお守りを意味するチャーム。結婚式では、「ケーキブルズ」や「ブーケブルズ」の演出のほかに、おそろいアイテムとして楽しむ使い方も!

(記事:吉武春香)

結婚式の招待状には、何より“ワクワク感”を込めて!

バックナンバーを見る

ページトップ