カレのご両親宅に初訪問。教えて!正しい礼儀作法

パーフェクトなお嫁さんになる! vol.2 カレのご両親宅に初訪問。教えて!正しい礼儀作法
めくるめく新婚生活の始まり。その前に。

ラブラブな新婚生活が始まるその前に…

「とうとう新婚生活が始まったね」
「これからもずっと一緒にいようね。肉じゃが食べる? はい、あ~ん」
「あ~ん」

…って、ちょっと待った! ご両親への挨拶はもうすみましたか?! 結婚後に「私たちふたりをよろしくお願いします」と挨拶することは、これからもご両親と仲良く過ごすためにとっても大切! とはいえ、お嫁さんとして初めてカレのご両親へ挨拶するなんて緊張すると思われる人も多いはず。そこで今回は、カレのご両親へ挨拶するときの正しい礼儀作法をご紹介します。ご両親への電話から訪問、挨拶までをスマートに行えば、カレも「いいお嫁さんもらったなぁ」なんて喜んでくれるはずですよ! それではさっそくご挨拶にいきましょう!

ご両親宅に伺う日を決めよう!

まずはご両親宅に伺う日を決めましょう。3日ぐらい候補日をあげたら、さっそくご両親に電話を。
緊張して話せない? それなら、次のセリフを明るくハキハキした口調で3回読み上げて。

「先日は結婚式にいらしていただきありがとうございました。ぜひ、お式の写真とビデオをお渡ししたいので○○さんと○月×日にお伺いしたいと思うのですが、ご都合はいかがでしょうか?」

ポイントは、結婚式のお礼とご両親のご予定を伺うことだけ。新婚旅行から帰ってきたばかりの人は、帰国報告も忘れずに。訪問する時間は、「おじゃましま~す」と来られたら困る早朝や食事時、夜を避けましょう。
また、ご両親とあまり話したことがないから電話しにくいという人は、カレにかけてもらいましょう。電話が終わったら「ありがとう」のチューを忘れずに!

落ち着いて電話をしましょう

初訪問でカレのご両親のハートをキャッチ!

カレのご両親と楽しい時間を過ごそう!

訪問日が決まったら、その日までにご両親が喜ぶお土産を選びましょう。カレにご両親の好みを聞くのもいいですが、すぐに答えを得られるとは限りません。そんなときは、デパートのB1食料品売り場へ! テレビや雑誌で話題のお菓子やお酒があるから、お土産を渡すときに「最近○○で紹介されたものなんですよ」と、楽しい会話のきっかけにもなりますよ。

いよいよ初訪問。このときばかりは、いつも全身ゴールドの服装に身を包んでいようが、大和なでしこに変身しましょう。清潔感のあるヘアスタイル、白いワンピースなどの清楚な服装、そして顔には微笑みを。ご両親宅に着いたら靴をそろえておじゃまし、部屋に入ったら入口に近い下座へ。ご挨拶を済ませたら、用意しておいたお土産を、結婚式の写真やビデオを焼き増ししたものとあわせて渡しましょう。すでに新婚旅行がすんでいたら、そのお土産も忘れずに。1時間~1時間半程度たったら、カレに秘密の合図を送り「そろそろ帰るね」と言ってもらえば、ドキドキの初訪問も終了。帰り際の挨拶と帰宅後の電話でお礼を伝えるときに「楽しかったです。またおじゃまさせてください」の一言を添えればパーフェクトです。お疲れ様でした! ご両親への挨拶が終われば何もいうことはありませんので、どうぞラブラブな新婚生活をお楽しみください!

カレのご両親とずっと仲良くいるために。

結婚したら、たとえ離れて暮らしていても、カレのご両親もあなたの大切な家族です。カレのご両親への挨拶は、これから家族が仲良く過ごすためにも大切なこと。今回ご紹介した礼儀作法は、結婚後の挨拶だけではなく、お盆や年末年始にご両親宅に訪問するときにも使えます。ぜひ、この機会に覚えて、これからもカレのご両親とずっと、ずっと仲良く過ごしてくださいね。きっとカレも嬉しく思ってくれるはずですよ!

仲良く過ごすためにも礼儀作法は大切!

(記事:藤間葉子)

ボックス4の右画像のテキスト入力

カレの愛がさらに大きくなるかも!?

バックナンバーを見る

ページトップ