椎茸の出しの取り方や椎茸の料理&レシピ

椎茸
  • 【椎茸の旨味】アミノ酸とグアニル酸
  • 他の旨味成分(素材)と合わせることで相乗効果を発揮します。
椎茸の旨味

生椎茸も充分美味しいのですが、より旨味を増す方法教えちゃいます。お家でも簡単にできますよ。

【干す】
ざるなどにのせて、お日様に当てて干しましょう。栄養分も旨味もアップ。
カラッとした天気の多い冬から春は最適ですね。気になる人は、外でなくて窓辺でもOK。
【冷凍する】
冷凍することでも旨味をアップできます。その旨味は生椎茸の3~4倍になるとも。
旨味を上手くだしましょう!

ここからは保存しておいた椎茸をつかった、だしのとり方のポイントをチェックしてみましょう。

【椎茸は水から】
キノコ類は火が通りやすいから、沸騰したところにポイ!っていれてませんか?
キノコ類の旨味が出る温度はもっともっと低いんです。
美味しい出汁をとりたかったら、冷たい水から入れて下さい。
そして、30~40℃ぐらいの時間を出来るだけ長~くしてください。
【保存は上向き】
椎茸の笠を下にむけて置いてしまうと、旨味が落ちてしまいます。
旨味が落ちないように。という気持ちを込めて、笠は上向きに。スーパーでも注意してみてみて下さい。
野菜達のほとんどはきれいな色のところをみせて並べられているのに椎茸だけはひっくりかえってます。
【水洗いNG&軸も食べる!】
旨味を逃がさないために、水洗いはダメ。刷毛で掃除をしましょう。
どうしても気になる人は、溜めたぬるま湯でささっと。捨ててしまいがちな軸は、香りと食感がとっても美味。
縦に裂いて、一緒に使いましょう。
「花嫁修業しよ」トップへ
Back number
Recommend

愛情こもったレシピがいっぱい。
お料理上手な奥さんを目指しましょう!

ページトップへ