あさり(貝類)の砂抜きや出汁の取り方や料理レシピ

貝類(あさり)
  • 【あさりの旨味】旨味成分:コハク酸
  • あさりの美味しい冬から春にかけてこの成分が増加します。
  • 鉄分、ビタミン12が含まれるので貧血気味の人に、低血圧の人に。
あさりの砂を吐かせましょう!

「だしか~」。面倒。市販の顆粒のものでいいじゃん。そんな声が聞こえてきそう。
でもね、だしといっても「鰹だし」ばかりじゃないんです。漬けておくだけで、火にかけるだけで、調理と同時にとれちゃう「だし」だってたくさんあるんですよ。やっぱり本物にはかないません。本当の旨味と香りを出せる奥様になっちゃおうよ。
今月はまずは、簡単!美味しい!「あさり」と「椎茸」のお出汁。そしてそれを使ったレシピをご紹介。
朝食にこんなプレートがあれば、彼はイチコロ。

砂の吐かせ方
【いかにあさりを騙せるか!?】
そう、あさりを騙せたらあなたの勝ち。たくさん砂を吐いてくれます。
あさりが普段住んでいる海と同じような環境を作ってあげて「海にもどったのか~」とあさりを勘違いさせるのです。
そうすると「ピューッ」っと砂を吐き始める。っていうわけね。さ、きっちりあさりを騙しましょう。
砂の吐かせ方1
そう、あさりを騙せたらあなたの勝ち。たくさん砂を吐いてくれます。あさりが普段住んでいる海と同じような環境を作ってあげて「海にもどったのか~」とあさりを勘違いさせるのです。そうすると「ピューッ」っと砂を吐き始める。っていうわけね。さ、きっちりあさりを騙しましょう。
砂の吐かせ方2
海水と同じ3%の塩水作り。500ccの水に大さじ1杯程度の塩を加えます。
砂の吐かせ方3
よく混ぜて、海水作り完了。水の分量の目安は、あさりがひたひたにつかるぐらい。入れてみないとちょっとわかりにくいね。
砂の吐かせ方4
このくらい。 あさりは浅いところに住んでいますよね。だからこのくらい。浸かるか浸からないかぐらい。本当はあさりが重ならない大きく平らなバットがあるとベストです。
砂の吐かせ方5
で、そのままじゃダメ。ちょっと薄暗くしてあげなきゃいけません。潮干狩りを思い出すとピン!とくるかな?砂地の薄暗いところにいますよね。
砂の吐かせ方6
しばらく置いておくと、ほら、騙されたあさりがニュルニュル出てきます。このまま静かに放っておきましょう。
【仕上げは渇水状態】
あさりの砂を吐かせ終わったら調理する1時間前ぐらいに、塩水を捨て今度は「渇水状態」にしておきます。
こうして、今度は旨味を中に閉じ込めるんです。
あさりをこすり合わせるようにし、しっかり洗ってお料理スタート!
「花嫁修業しよ」トップへ
Recommend

愛情こもったレシピがいっぱい。
お料理上手な奥さんを目指しましょう!

ページトップへ